上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のCubadebateの興味深いカストロさんの台詞が載っていた
Fidel en Mesa Redonda de domingo: “Los yanquis están en Jaque Mate por más inteligentes que sean”
ヤンキーはチェックメイト以上に賢いゲームをするってところだろうか
確かにアンクルサムの手法は昔と比べてかなり巧妙になっている。あのイラク戦争も9.11で始まり今はアメリカ兵が撤退しているが、あの戦争の本質がなかなか見えてこないのだ。一世紀前、米西戦争のときにアメリカが介入したときは分かりやすい構図だったが、今日の世界情勢はあの時と比べ物にならないぐらい複雑なのだ。ヤンキーはチェックメイトして国際非難を浴びるより、もっと巧妙な汚い手法で世界秩序を築き上げようとしている。
824.jpg
キューバ危機はそれこそチェスゲームだったのだろう。米ソの冷戦構造というチェス盤上で繰り広げられたゲームだった。ホワイトハウス(白)が先手にヒロシマに原爆を投下してソ連にの脅威を見せつけ、冷戦という馬鹿げた定跡を築き上げたのだ。冷戦はそれまでになかった駒の打ち方で、互いに駒を奪い合うリスクを避けることが出来るというメリットがある一方で、下手をすれば戦争という人類滅亡の危機に直面するという大きなリスクがあった。アメリカはNATOという駒を進め、ソ連はワルシャワ軍で迎え撃つ。オープニングゲームではベルリンで米ソの駒が対峙して睨みあった。実際のチェスのゲームでもよくあることだが、互いに打つ手が中々見出せずゲームは硬直化したのだ。しかし明らかに駒の数は白の方が多かったし、黒の陣営近くのトルコというマス目でジュピター型のミサイルが、まるでビショップのようにモスクワという黒のキングに睨みを効かせていた。黒は劣勢だった。
そんな情勢でクルシチョフという経験豊かで有能なチェスプレイヤーが、アメリカのケネディという若くまだまだ経験の浅い未熟なプレイヤーと対峙することになった。白はキューバというマス目が黒に狙われていると恐れ、ピッグス湾侵略やマングース作戦でCIAは亡命キューバ人の反カストロ派という駒を使ったが失敗して黒に駒を奪われる。この白のミスによってキューバというマス目は黒の陣営に入ることを宣言したことに注目してクルシチョフは冒険的な手を打つことにした。白のキングのすぐ近くのキューバというマス目にビショップを置くことにしたのだ。。。。この手は黒にとってもかなりリスクのある手だったが、黒はこのビショップで起死回生を狙い冷戦というチェスゲームで優位に立とうとした。
その後、キューバのマス目の周りでは、白がポーンなどで固めて黒が攻めて来られないように隔離線を設けたりもした。上空では、黒のビショップが攻撃を仕掛けてきたらいつでも駒を奪い返すために、弾頭を積んだ白の戦闘機がナイトのように動き回っていた。互いがなにか間違った手を打てば冷戦というチェスゲームは、戦争という局面を迎えるという危機に陥ったのだ。それがいわゆるキューバ危機だった。

とまぁ。。。。チェス風にキューバ危機を語ってみましたが、戦争では奪われる駒は軍人だけではなく、ゲームに関係ない一般大衆も含まれる。。。ケネディもクルシチョフも駒の奪い合いを望んでいなかったが、それぞれの陣営の駒はプレイヤーの意志に反して動こうとした。例えば白のカーティス・ルメイという人は、キューバを島ごと蒸発させるつもりでいた。彼は先の大戦で日本の東京を焼き尽くしたが、職業軍事らしく割り切って駒を打っていたのだ(勿論、ペンタゴンのみんながそうではないはずだが)いずれにしても彼はゲームの終盤で白の駒が2つあって黒の駒が1つ残ってさえいればいいと考えていたようだ。これが本当のチェスならありふれた展開だが、実際の戦争となると話は変ってくる。駒は人命であり、一度奪ってしまえば、取り返しがつかない。
結局、クルシチョフとケネディは互いに平和的な解決方法を見つけ、黒の白に対する譲歩もあってゲームは核戦争に突入せずに終えることが出来たのだ。しかし、二度と人類はこのような無謀なゲームを行ってはいけない。
この教訓を生かして今日まで核軍縮が行われてきた。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/29-07838207
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。