上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カストロ本人による初の自伝「戦略的勝利」
昨日のキューバの機関紙グランマの一面にフィデル・カストロの伝記についての記事が載っていた。
8月6日のグランマ
こっちは8月3日の記事で一面に伝記の題名が紹介されている。
その名も“La victoria estratégica”:戦略的勝利
8月3日のグランマ
いかにしてバティスタ側の正規軍1万人を相手に少数で勝利できたか?
といった戦略的な観点から伝記のようだ。
キューバの東部に位置するシエラ・マエストラを拠点にゲリラ活動をしていた頃の話だが、この時期の伝記というより日記なら、ゲバラが既に書いている。
ゲバラのシエラ・マエストラでのゲリラ戦の日記で、今本屋とかに売られている最新版は「革命戦争回顧録」原題はPasajes de la guerra revolucionariaが有名。(だけど、まだ僕は少ししか読んでない。。)

La victoria estratégica”は翻訳されて出版されるまで待てないので是非、原文のスペイン語で読んでみたいっすね。そのためにはまず、ゲバラの日記を原文で読んで予習でもしておくかな。。。。。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/3-1bd801a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。