上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は少し、レベルの低い語学学習になってしまったことをお詫びしたい。どうやらこのブログの品位を下げてしまったようだ。そこで、今回はこのブログで扱っているカストロさんの名言について扱おうと思う。今日のフレーズは↓この一文。
Si pudiera nacer otra vez...
sería como soy en las mismas circunstancias que he vivido, que he nacido.
私はもし、もう1度、生まれ変わっても、
同じ状況に生まれて今の自分と同じ様になるだろう。


スペイン語の文法を一通り学ばれた方はご存知だと思うが、ここでは接続法過去形を用いた「現実の事実に反した仮定」が表現されている。ちょうどNHKラジオの毎日スペイン語で接続法過去形を終えたようなので、多少は需要があると見込んで解説してみますw。。といっても僕もスペイン語は、まだまだひよっ子っすけどね。

まずは日常会話レベルの例題から、大学時代に使っていた文法書を片手に、接続法過去形を用いた「現実の事実に反した仮定」を解説してみたい。
【文法の復習】
■現在の事実に反する仮定
今日復習するのは、事実ではないことの仮定を言うときの文法。
以下、例文
Si yo tuviera dinero ahora,iría a Cuba.
「もし僕がお金を持っているとしたら、キューバへ行くのですが。」

簡単に整理すると以下のようになる。
現在の事実:「私はお金を持っていません。」Yo no tengo dinero.
事実に反する仮定:「もし今、私がお金を持っているとしたら」Si ahora yo tuviera dinero
仮定の結び:=「キューバへ行くのですが」iría a Cuba.

お金がないときに、「もし僕がお金を持っているとしたら、キューバへ行くのですが。」と言えば、その反対の「僕はお金がないので、キューバへ行かない。」が事実というわけですね。

「もしも~」の節を仮定節(prótasis)といい、動詞を接続法過去で表し、
「~するのですが」は帰結説(apódosis)と名付け、動詞を過去未来で表します。

さて。。これで一応基礎的なことは解説したことにして、本題に入ることにしよう。冒頭で示したのは、去年にオリバーストーン監督の映画「コマンダンテ」での一節。以下の記事に前文があります。
2010.08.18 理想と信念を貫く指導者 映画Comandanteのエンディングより
オリバーストーンの「悔やまれる瞬間や過去に戻って変えたいことはありますか?」という質問に対して次のように応えられている。
Si pudiera nacer otra vez...sería como soy en las mismas circunstancias que he vivido, que he nacido.
F:私はもし、もう1度、生まれ変わっても、同じ状況に生まれて、今の自分と同じようになるだろう。

以下は語句の解説

pudiera>poderの接続法過去形3人称
nacer:be born生まれる
otra vez:againもう一度
sería>serの直説法過去未来形3人称
mismo:same同じ、同一の
circunstancias:状況
vivido>vivirの過去分詞
ちょっと自信を持って解説できないのが、未来過去後にくる現在完了形だが、las mismas circunstanciasを受ける関係代名詞queの後に続くから、としか解説しようがない。。とにかく何気に発せられた一文であるが、接続法過去形と過去未来形が用いられた「現実の事実に反した仮定」の文法を学習する格好の題材ではないかと想い紹介しましたw
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/301-9bdb8030
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。