上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の7月末に出版されたばかりの新書。僕が図書館で借りて読んだのは、先々月ぐらいだったけど感想を書くのを忘れていました。ゲバラの最期を描いた本では、最も質が高い一冊。何より心に訴えるものがある本だった。今手元に本は置いてないが、良書なので覚えている範囲で書いてみようと思う。

チェ・ゲバラ 最後の真実チェ・ゲバラ 最後の真実
(2011/07/22)
レヒナルド ウスタリス アルセ

商品詳細を見る

ボリビアでのゲバラの闘いは、悲惨な様相を呈していただけに読むに耐えない。現地共産党の裏切りから計画は瓦解、いわば負け戦であった。しかし、この本で描かれたゲバラの最期はそのような痛々しさや悲しさ以上のものを読者に伝えるのではないだろうか。ゲバラが最期まで、自らの目的を見失わず、自らの信条を貫き通た様が巧みに描かれている。ゲバラは自らの尊厳を最後の最後まで護った。

チェロの闘いで、ボリビア兵に捕らえられ、殴られた際に、「殴るような真似はしてはならない、そんなことをするなら俺を撃て」とゲバラが言い放つシーン。捕られても、ボリビア兵に革命の大儀を語るシーン。銃殺される際に、ボリビア兵に「しっかり狙え」と喝破するシーン。いずれも、ボリビア兵の心をゲバラが動かしている様が描かれている。
なかでもウエルタ少尉がゲバラに心を動かされ、上官のセンテノ・アナジャ大佐からの、ゲバラ殺害命令を拒否したエピソードは興味深い。このようにカリスマに兵士が心を動かされる心理的描写は、二流映画などでは描くことは出来ない。

ゲバラのボリビアでの活動は、数多くの当事者や関係者によって書かれている。しかし、ゲバラの最期については人によって描かれ方が違う。著者のウスタリス・アルセさんは、マジョール・デ・サン・シモン大学医学部卒後、62~67年医師としての仕事の傍ら、プレンサ・リブレ紙の記者として働かれた。チェの死因は暗殺であるという事実をいちはやく世界に伝え、後に、この発言により身の危険を感じブラジルへ亡命された。したがって、この本はジャーナリスト、医師としての立場からゲバラの最期が描かれている。そして何より特記したいのは、著者は熱烈なゲバラファンであることwそれはもう描写の巧みさなどからも、ひしひしと伝わってくる。

後半の章では、ゲバラの様々な素顔が描かれている。「数学者としてのチェ」「嘘をつけないチェ」などは興味深かった。また、キューバ革命時のゲリラ戦も証言を元に熱く記されている。なかでもゲリラの拠点であったシエラ・マエストラからラスビジャスの平野を横切ってエスカンブライへ行進する際の描写は圧巻だ。

証言とは時に揺らいだりするもの。それが何十年も過去のことならなおさらだ。どこまでが、真実であるかの判断は読者にゆだねられる。しかし重要なことは、著者が何十年もかけて証言を収集し、数多くの断片を一冊の本に組み立てたことだ。コアなゲバラファンから、あまりゲバラについて知らない人まで楽しめる内容となっているこの本は、是非多くの方に薦めたい一冊だ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/305-5ee8e029
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。