上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今から49年前の10月15日から13日間、人類史上最大の危機がキューバを舞台に繰り広げられた。いわゆるキューバ危機(The Cuban missile crisis)は、ロシアではカリブ危機(Карибский кризис)と呼ばれているそうだ。そして、キューバでは10月危機(Crisis de Octubre)とも呼ばれている(ゲバラの国連演説や別れの手紙などではカリブ危機と言ってますが、カストロさんの演説では前者が用いられる)
2010.08.23 チェ・ゲバラ 国連での帝国主義に対する非難

この演説では crisis del Caribe(カリブ危機)って言ってますね。「いわゆるカリブ危機」と説明しているんですね。
アメリカ合衆国、ソビエト連邦、そしてキューバそれぞれの当事国で呼称が異なるように、キューバ危機に対する見方は分析する人によって様々だ。悪いのは、キューバにミサイルを置いたソ連だ!という見方をする人もいるだろう。一方、そもそもこの危機を招いたのは、トルコにミサイルを配置してソ連を追い込み、バイーア・デ・コチーノス(ピッグズ湾事件)、マングース作戦などでキューバ転覆を企てたアメリカであるという見方も出来る。

いずれにしても、この危機は想定外の事態であった。アメリカの優秀なJFKのブレインであったマクナマラ国防大臣も、まさか有能な政治家であるフルシチョフがそんな禁じ手を打ってくるとは思わなかったのだ。しかし、キューバに核ミサイルが配置されたのは、想定外でした、という言い訳は許されない。一歩間違えれば、核ミサイル報復の連鎖が始まり、攻撃された都市は消滅し放射能が地球上を覆っていたのだ。

今年日本で起きたフクシマ原発事故もまた、想定外の事態であった。原発はそれまで、二酸化炭素を排出しない夢のエネルギー源とみなされていた。耐震対策もバッチシだったし、チェルノブイリの二の舞なんか日本で起きるはずがないと、東電の幹部も思っていたことだろう。

原子力という怪物と契約し、人類は強大な力を手に入れた。強大な力を制御出来るという奢りが、想定外という事態を招いた。キューバ危機から半世紀の歳月が経った今日、核兵器は削減されたものの、米ソ以外の不安定な国家が所有しているという意味において、想定外の核戦争が起こる可能性はむしろ、上がったといえよう。原子力という怪物は、平時においては牙を見せないが、有事になれば取り返しのつかない事態を引き起こす。人はそれを「想定外」と言い訳するのだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/311-f5c2d6cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。