上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログのテンプレートにしているぐらい、風車が大好きな僕。秋晴の今日は、風車を求めて三重の青山高原までちょっくら遠征に行きました。う~ん、ツーリングの記事を書くのは久々っすね。
DSC_0674.jpg
バイクと風車はやっぱし絵になるっすね!
DSC_0666.jpg
高原にそびえ立つ風車群。圧巻ですなぁ。今日は青山高原の風車の数に、劣らないぐらい無駄に写真を撮ってきましたw
DSC_0678.jpg
テンプレートにするほどのショットは撮れなかったけど、我ながら良い写真を撮ったとHDを整理しながら驚いている次第ですwというのも、自分の携帯のカメラの性能に今更気づかされたから。付属カメラといえども侮れないっすね。
DSC09154.jpg
↑の中央の黒いシミみたいの。。。拭いても拭いても取れない><仕方ないので携帯のカメラを併用することに。
DSC09199.jpg
今回のツーリングを思い立ったのは、戸井さんの本を読んでバイクに跨らずにはいられなくなったから。日帰りツーリングだけど、青山高原の方面はまだ行った事ないし、僕にとっては未開の地だったので風車を求めて向かうことに。
DSC09072.jpg
新名神の信楽インターで降りてからは、ひたすら下道。青山高原に到着!第一駐車場には三角点でした。
DSC_0605.jpg
伊勢平野かな?天候が良ければ富士山が見えるって看板に書いてあったけど、本当かな。。今日以上に天候に恵まれる日はないと思うンっすけど、残念ながら僕の視力が足りず観えませんでした。
DSC_0621.jpg
まだまだ、ここからでは風車も良く見えないっすね。
DSC_0627.jpg
丘へ登る道の途上、ススキが生えてました。秋を感じるっすね。
実は昨日は目的地をススキの名産地(?)曽爾高原に定めていた。でもこれで十分。むしろ風車が観たいっすねw
DSC09169.jpg
第6駐車場にて。ネットによればここが、一番の風車スポットらしい。ここで写真撮ったりして道草食ってたら、おっちゃんが声かけてきてくれました。「本当に何にもないところやね」確かにw風車以外はなんにもない。でも何もないのが逆に良かったりする僕。
DSC_0636.jpg
何機あるのか数え切れないっすね。。う~んこんなに沢山の風車を一度に観たのは初めてです。
DSC_0656.jpg
まだまだここからだと、良いショットが撮れないっすね。さらに接近することに。
DSC_0676.jpg
ここまで近づくとさすがにデカイなおい。
DSC_0670.jpg
やはり、バイクと風車は絵になる。それにしても今回の記事は写真が盛りだくさんだw。。
DSC_0675.jpg
飽きないっすね。他のライダーはちょっと観ただけですぐ行っちゃうけど(それが普通だな)僕は風車一機にあたり数分は潰してたなw
DSC_0664.jpg
整然と並んでいるのがまたイイ!
DSC_0707.jpg
第6駐車場から見えていた風車群の懐に到着。どうやらこの先は通行止めでここが終着点のようだ。
風車に満足して、帰ろうとバイクを跨るとXJRのバイク乗りの方が声をかけてきてくれました。名古屋から来られたそうで、ここに来るのは初めて。ツーリングしていると、いろんな地域から来て人と、ふとこんな感じで会って他愛のない話をする。これも一つの醍醐味かな。
DSC_0701.jpg
日が暮れるまで帰りたいので、僕はそのまま帰路につくことに。気がついたら昼飯食わずにづっと走ってた。。。
DSC_0719.jpg
メシにありつけたのは、信楽市街地まで戻って来てから。マッタケうどんを頼んだら、後で値段にびっくりww優しいおばちゃんが、本来なら1500円以上買い物した人にしかあげない足湯券をくれました!せかっくなのでもと来た道を辿って足湯屋へ。
DSC_0724.jpg
乳首がエロイ信楽焼(♀)が特等席を占領してました。
DSC_0730.jpg
仲良く足湯♪足湯で同席していた方は、また名古屋から来られた方。う~ん、今日名古屋出身の人に声をかけられるのは2度目。またいつか名古屋にでも行ってみるかな。
DSC_0731.jpg
足湯で冷えていた足が復活!帰宅後、日課のジムへ向かう。今日の走行距離はバイクがざっと200キロ+ジムでのランニング8キロ。今日は走りまくったなぁ!w
この季節のツーリングは気持ちがいいっすね!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/312-c31abbe8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。