上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閉塞感漂う今日の世界。ニュースも暗い話題ばかり。そんな中、今日のニュースで報じられた福島の英雄に対するスペインの権威あるアストゥリアス賞授与。思わず¡Vivan los Héroes de Fukushima!と叫びたい衝動に駆られた。日本人としての誇りを感じる機会は少ないだけに清々しい想いだ。
La Fundación Príncipe de Asturias


“福島の英雄”スペインで授賞式
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、事態の収拾に取り組んだ作業員や日本の警察、消防、そして自衛隊の部隊に対して、ヨーロッパで権威ある賞として知られる「スペイン皇太子賞」が授与され、代表として受賞した東京消防庁の冨岡豊彦消防司令は「日本全国民に対してのものと確信します」と感謝の意を示しました。
授賞式はスペイン北部のオビエドで、21日、行われ、福島第一原発の事故の対応に当たった作業員、消防隊員、自衛隊員、それに警察官の中から5人の代表が出席しました。賞を選考するアストゥリアス皇太子財団は、命の危険を冒して原発の冷却作業や、住民の避難活動などに当たった「フクシマの英雄」だとして、日本の関係者をスペイン皇太子賞の共存共栄部門に選びました。代表の5人は、フェリペ皇太子から賞を直接授与されたあと、一人一人、皇太子と握手を交わしました。このあと、事故直後に冷却のため放水活動に当たった東京消防庁の冨岡豊彦消防司令が代表して挨拶し、「『フクシマの英雄たち』という称号を授かったことは、本日ここにいる受賞者のみならず、日本全国民に対してのものと確信します」と述べました。そのうえで、「受賞を機に心新たに国民の安全のために尽力していく覚悟です」と決意を示すとともにスペインに対し感謝の意を示しました。



祖国を護りたいという想い、一心で活動された警察官、自衛官、消防隊員の方々。一国の命運を背負い活動される姿に感動しました。僕がボランティアとして被災地支援に行こうと思ったのも彼らに触発されてのこと(もっとも、僕がやったことなんて、些細なことなんだけど)。放射能という見えない恐怖に果敢に立ち向かったフクシマの英雄の功績は、われわれ日本人としての誇りを呼び戻してくれたこと。この感動を無駄にするわけにはいかない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/315-d860a94b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。