上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リビアの騒動に対してはしばらく筆を止められていたカストロさんが、昨日いつもの書評でNATOの暴虐振りを叱咤された。以下、時事ドットコムより。

title="カダフィ氏遺体「まるで戦利品」=無残な公開批判-キューバ前議長">カダフィ氏遺体「まるで戦利品」=無残な公開批判-キューバ前議長
【サンパウロ時事】キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長は24日に政府系サイトに掲載された論文で、リビアの元最高指導者カダフィ大佐の遺体公開を「戦果を誇るトロフィーのようだ。イスラム教、世界中の宗教の最も基本的な原則に背く行為だ」と激しく批判した。
 キューバはかつて反米で共闘したカダフィ氏を支援し、反カダフィ派連合体「国民評議会」を承認していない。カストロ氏は、リビア空爆を続けた北大西洋条約機構(NATO)も「人類史上、最も背信的な抑圧行為を行う残忍な軍事同盟」と非難した。(2011/10/25-06:48)


元ネタの原文はこちら
El papel genocida de la OTAN
24 OCTUBRE 2011
Esa brutal alianza militar se ha convertido en el más pérfido instrumento de represión que ha conocido la historia de la humanidad.
NATO(北大西洋条約機構)は、人類史上最も背信的な弾圧を行う道具である、暴虐な軍事同盟に成り下がってしまいました。
(..)
Su cadáver ha sido secuestrado y exhibido como trofeo de guerra, una conducta que viola los más elementales principios de las normas musulmanas y otras creencias religiosas prevalecientes en el mundo.
カダフィの)遺体を、まるで戦利品のように曝け出すことは、イスラム教のみならず、世界中の主要な宗教上の信仰の基本原理を蹂躙しています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/317-c3c9621f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。