上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のラテンビート映画祭りで上映された「キューバの恋人」の第二弾が今月の12日にキューバで上映されたようです。その名も、前作の津川さんが演じた日本男児「アキラ」に因んで、「アキラの恋人」
akira1.jpg
パンフの画などは、「キューバの恋人」のシーンをもとに、アレクサンダー・モラレス( Alexander Morales)さんが描かれた。

2011.09.14 キューバの恋人 La novia de Cuba~埃に埋もれた名作ロードムービー~

前作の「キューバの恋人」は黒木監督が製作された。今回「アキラの恋人」を製作されるのはハバナの若い女性監督マリアン・ガルシア・アランさん(Marian García Alán)。アキラを演じた津川雅彦さんに質問状を送られたり、ヒロイン役のマルシアを演じたジュリー・プラセンシアを探し出されインタビューされたそうだ。そして出来上がったのが新作「アキラの恋人」。
akira5.jpg
昭和の香りがしますね。
WS000137.jpg
ゲバラが軽蔑のまなざしを向ける傍ら、ノンポリのアキラが、ハバナでキューバのセニョリータを物色しているシーンwいいセンスです。
日本での上映は来年の「ラテンビート映画祭」になるのかな。上映が待ち遠しいですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/328-75695fbd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。