上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週はグランマでカストロさんの回顧録が第4章まで公開された。ざっと読んでみたがかなり興味深いし、どのように作戦が進められたかを図を使って説明されている点が良かった。今日は第一章を読んでいこうと思う。
“La victoria estratégica”: La situación general del país y de la lucha revolucionaria en mayo de 1958 (Capítulo 1)スペイン語だけどCubadebateで全文と資料が公開されています。
1fidel-en-la-sierra-maestra-1-580x383 (1)
この写真はシエラ・マエストラ山脈でのカストロさん。バティスタの圧政からキューバを解放するためにメキシコから上陸した7月26日運動の参加者は、キューバ東部のこの山脈を拠点にゲリラ戦をしていた。第1章の冒頭では当時のキューバの概況などが語られているが、バティスタの体制に逆らって活動していたのはカストロたちだけではなかった。
カストロがシエラ(山)で戦っていたのに対し、フランク・パイースはリャノ(平野)でストライキなどを通じてバティスタの体制を崩そうとしていた。その他にも数多くの活動家達が当時のキューバにはおり、革命の気運が高まっていた。しかし、数多くの反逆の試みもバティスタの軍隊によって玉砕され、カストロらの武装闘争による革命の必要性が認識されるようになった。そこで1957年3月16日、フランク・パイースが、サンティアゴ・デ・クーバとマンサニーヨから青年、農村労働者、農民よりなるゲリラ隊参加希望者をシエラ・マエストラに送ってよこした。5月28日、カストロら約80人のゲリラがエル・ウベロの兵営を襲撃して勝利を収めた。この勝利はシエラにおけるゲリラ側の軍事力の成長ぶりを示していた。
5fidel-y-el-che-en-la-sierra-maestra-580x425
この写真はシエラ・マエストラでのカストロとチェ・ゲバラ
チェ・ゲバラは軍医としてカストロの反乱軍に参加していたのだが、兵士としての才能をゲリラ戦で発揮していく。
このことは前にアップしたカストロの演説で詳しく語られているのでここで紹介しておこう。

この動画の詳しい解説はまた今度書くことにして、カストロの回顧録の第1章の資料を観ていきたい
危険を意に介さず、仲間を鼓舞し導く能力にたけ、チェスの名手ということもあってか(w?)戦略のセンスも長けていた。こうした資質を、いち早く認めたのがカストロは1957年7月22日、チェをコマンダンテに指名した。これは反乱軍での最高位であり、一般には少佐に当たる。当時はゲリラ軍では、カストロ以外、コマンダンテはいなかった。
A mediados de julio de 1957, después del sangriento Combate de Uvero, donde ocupamos gran número de armas, decidimos crear la Columna 4, bajo el mando de Ernesto Guevara. El Che se había destacado en ese rudo combate. Era capitán médico de los expedicionarios. Con una pequeña escolta cuidó y atendió a nuestros heridos. Fue el primer oficial ascendido a Comandante.


7月30日、フランク・パイースがサンティアゴ・デ・クーバで捕らえられ、殺害されるという、運動にとって大きな打撃となる事件が起こった。カストロはそのとき、サンティアゴ・デ・クーバの7月26日運動指導者フランク・パイースに宛てた手紙を、弟ラウルに後述筆記させていた。パイースの弟が、バティスタ警察の手にかかって殺されたので、お悔やみの手紙を出した。
3carta-muerte-josue-pais-fidel-castro
これはその時の手紙。パイースの弟ジョシュアの死の後にラウル・カストロによって書かれた。
4carta-muerte-de-josue-pais-2
この手紙でチェ・ゲバラがコマンダンテとして記載されているらしい(そうCubadebateで解説されているが僕は筆記体が読み取れなかったのでどの部分か分かる人はコメントで教えて欲しい)
この時の喜びをゲバラは次のように表している
La dosis de vanidad que todos tenemos dentro hizo que me sintiera el hombre más orgulloso de la Tierra ese día.
僕たちには誰だって、ちょっとした虚栄心が隠れているものだ。
当時僕は、世界で一番プライドの高い男だと思っていた。

6la-victoria-estrategica-final7-580x403
この作戦図はチェ・ゲバラが活躍したエル・ウベロの戦い(1957年5月28日)
El Combate de Uvero, 28 de mayo de 1957 以下はこの図の記号の解説
7la-victoria-estrategica-final6
【Leyenda 説明文】
7月26日運動の旗(赤黒):Comandante Fidel Castro コマンダンテ・フィデル・カストロ
ラウル・カストロ・ルス隊
②ファン・アルメイダ隊
カミーロ・シエンフェゴス
④エフィヘニオ・アメイヘイラス分隊
⑤エルネスト・ゲバラ分隊
⑥クレセンシオ・ペレス隊
⑦ホルヘ・ソティス隊
⑧ギジェルモ・ガルシア分隊
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/33-6ad8096b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。