上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだの葉巻の長さ世界一に引き続き、ギネスに認定されたのは「暗殺されそうになった回数が世界一」。以下、朝日より。
http://www.asahi.com/international/update/1216/TKY201112160113.html

カストロ氏、暗殺企てられた回数世界一 ギネスが認定
暗殺されそうになった回数が世界一として、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が、ギネスブックに掲載されることになった。複数の同国メディアが伝えた。キューバ政府によると、米中央情報局(CIA)の文書に基づく記録で、暗殺の企ては2006年までに638回に上るという。

 暗殺方法は、狙撃、葉巻への毒の注入、野球のボールに仕込まれた爆薬など様々だが、いずれも政府が事前に情報をキャッチし、失敗に終わった。

 キューバの情報機関のトップを長年務めたファビアン・エスカランテ氏は昨年、前議長に対する暗殺の試みについての本を出版。最も深刻だったのは、61年にニューヨーク市内で企てられた爆弾計画だったと回想する。ミルクセーキに毒入りカプセルを入れられたこともあったが、幸運にものみ込まなかった。「フィデルは、待ち伏せを直感する能力がある」と話している。(サンパウロ=平山亜理)



CubaDebateでも取り上げられている
Fidel, la persona que más veces intentaron matar

カストロさんが、数多くの卑劣な暗殺未遂から生き残ってきたネタは、小説やドキュメンタリー番組や本などで伝えられている。このブログでも一部を紹介した。
2010.08.31 カストロ謀殺指令The Betrayal Game
2010.08.31 ”モラルという名の防弾チョッキ”を着たフィデル・カストロ 
ゲーム化までされている↓
2010.11.12 Black Opsカストロさんを暗殺するミッション 暴力を消費するTVゲーム
また、638 Ways to Kill Castroという、暗殺そのものに着目したドキュメンタリーまであるのだw

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/337-dcec5b30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。