上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三年間続けてNHKで放送された大河ドラマ「坂の上の雲」が昨日、幕を閉じた。バルチック艦隊との海戦の迫力と、大日本帝国海軍の戦術に魅せられた。

感動的だったのは秋山真之が起草した「連合艦隊解散の辞」が東郷平八郎によって読み上げられたシーンだ。

二十閲月の征戦已に往時と過ぎ、我が連合艦隊は今や其の隊務を結了して茲に解散する事となれり。 然れども我等海軍軍人の責務は決して之が為めに軽減せるものにあらず。
(...)
神明は唯平素の鍛練に力め、戦はずして既に勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に、一勝に満足して治平に安ずる者より直に之を褫ふ。

古人曰く勝て兜の緒を締めよと。

(現代語訳)
神は平素ひたすら鍛錬につとめ、戦う前に既に戦勝を約束された者に、勝利の栄冠を授けると共に、一勝に満足し、太平に安閑としている者からは、ただちにその栄冠を取上げてしまうであろう。

昔のことわざにも「勝って兜の緒を締めよ」とある。
http://www.z-flag.jp/maxim/tighten.htmlより



この文章は各国語に訳されたそうだ。当時は、国際社会で劣等人種と見なされていたが、この文章を読んだ人は日本人に対するイメージが一変したに違いない。アメリカ合衆国のセオドア・ルーズベルト大統領は一読後、大いに感動し、直ちに筆を執って陸海軍長官に書簡をしたため、これを隷下の陸海軍人に教示するよう促した、そうだ。「勝って兜の緒を締めよ」は"Tighten your helmet strings in the hour of victory."と訳されている。テディ・ルーズベルトも武人なのだ。彼は米西戦争の際に、キューバでラフ・ライダーと呼ばれた義勇軍を指揮した。(ただし彼はいわゆる棍棒外交を行った悪名高い側面も持っている。が。。ここでは伏せておこう)

テディ・ルーズベルトは上記の書簡で以下のように記している。

I commend the above address to every man who is or may be a part of the fighting force of the United States, and to every man who believes that, if ever, unhappily war should come, it should be so conducted as to reflect credit upon the American nation.
「余は以上の訓示を合衆国の軍隊の一員たる者ならびに、もし万一不幸にして戦いが生じた時、祖国の名誉を護るために身を捧げんとする人たちに推薦する。」

THEODORE ROOSEVELT.
CHARIES J. BONAPARTE,
Secretary.
http://www.z-flag.jp/maxim/tighten.htmlより



後に、彼の従兄に当たるフランクリン・ルーズベルト大統領が、日本と太平洋を舞台に戦争を行うことになる。
ロシアでは帝政が崩壊し、ソ連が誕生。そして、前の記事で記した運命を辿る。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/340-04b06989
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。