上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もラウル氏が法王と対談された模様。予定に従えば、今頃法王はハバナへ向かわれているところだろう。
フィデル・カストロさんは、書評で是非ベネディクト16世とやややかな会談を行いたいと書かれた。現地時間の水曜日、つまりキューバにおける法王巡礼の旅の最終日にカストロさんとの対談が実現することになった。

ローマ法王 カストロ議長と会談NHK
カリブ海の社会主義国キューバをローマ法王として14年ぶりに訪れているベネディクト16世は、ラウル・カストロ国家評議会議長と会談し、キューバ国内の人権状況などについて意見を交換しました。

ローマ法王は27日、キューバの首都ハバナでラウル・カストロ国家評議会議長と1時間にわたって会談しました。
会談の詳細は明らかになっていませんが、ローマ法王庁によりますと、キューバ国内の人権状況やカトリック教会の権利拡大が議題になったということです。
欧米諸国は、キューバには反政府活動を理由に大勢の政治犯が服役しているとして、早期に釈放するよう求めていて、会談では、こうした問題について話し合われたものとみられています。
また、ローマ法王は、キューバ訪問の直前に「マルクス主義は時代遅れだ」と発言していましたが、会談ではキューバの政治体制が議題に上ることはなかったということです。
一方、キューバ側では、ムリージョ国家評議会副議長が27日、法王の発言に反応する形で「キューバでは経済改革に取り組んでいるが、政治改革は起こらない」と述べ、社会主義体制を維持していく姿勢を強調しています。


相変わらず「マルクス主義は時代遅れだ」の発言に執着している国内外の各プレス。他国に政治体制の変革を呼びかけ、考え方を押し付けることは内政干渉になるということから勉強しなおしてもらいたいものだ。さしずめ、国外の主要プレスの記事でそんな書き方をしているから、足並みそろえてそんな報道をしているのだろう。

Los tiempos difíciles de la humanidad  Reflexiones de Fidel
人類の困難な時代

記事では、昨日の核セキュリィーサミットについて触れられていた。この問題に対処するのに、マルクス主義者もクリスチャンも平和のために共に戦わなければならない。しばしば誤解されているのは両者が対立完成にあるという、間違ったイメージだ。そのことは前の記事で触れた。
2012.02.24 教会が諭す「汝の隣人を汝のごとく愛せよ」はキューバ革命の精神でもある~宗教はアヘンか?~

ゲバラやラウル氏と違い、カストロさんはもともと共産主義者ではなかった。カストロさんはバティスタ独裁からキューバを解放するために闘われていたわけだが、その拠り所になっていたのは、ホセ・マルティであり、彼が諭したモラルにあった。モラルは教育によって育まれるものだが、カストロさんは高校時代、カトリック教会のベレン校で学ばれた、つまりカトリック教会の諭すモラルに少なからず影響を受けている。

以上のことを考えれば、カストロさんと法王が会談を望まれている事情が分かるだろう。それは政治的な駆け引きが行われる会談ではなく、長年多くの人にモラルを諭してきた聖人の会談といえるだろう。すこし、誇張した表現になっちゃったけど、言ってみればそういうことなのだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/379-3c2c6a51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。