上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自由の国、アメリカ合衆国で言論の自由が侵害された。

「カストロ氏を尊敬」発言で出場停止 マーリンズ監督 朝日
大リーグのマーリンズは10日、キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長を「尊敬する」と発言したオジー・ギーエン監督を5試合の出場停止処分にする、と発表した。ギーエン監督も記者会見し、「誤った発言をした」と謝罪した。


Miami Marlins suspend manager over Castro comments ロイター

朝日のリンク先の記事を読み進められれば書いてあるが、実はこの選手、誤解を与えただけのことで、カストロさんのシンパではなかった。
謝罪会見ではつぎのように述べられている
"I was thinking in Spanish and said it wrong in English. I didn't say it correctly,"
俺はスペイン語で考えていて、英語で間違ったことを言った。適切に述べてなかった。

"BIGGEST MISTAKE OF MY LIFE"
俺の人生で最大の失点だ

問題は、表現の自由が侵害されたこと。これは恐らく氷山の一角なのだろう。このようなことが野放しにされるようでは、キューバに表現の自由がないと言う資格はないだろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/389-a795c600
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。