上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戸田さんの「字幕の中に人生」を読んで、いろいろ勉強させられた。

字幕の中に人生字幕の中に人生
(1994/05)
戸田 奈津子

商品詳細を見る

プロの字幕職人を目指すわけではないが、ゲバラとカストロさんの映像に字幕をつけていることもあって、この本を読んでいるわけだ。もう3年ぐらい前になるのかな、国連演説に字幕をつけたがいまから観なおしてみると少々粗いしなにより読みにくい。それでも製作には結構手間暇かけたものだ。

もう一度作り直してみたいものだが。。。

戸田さんの本を読んでいるとプロの方の苦労が伝わってくる。同時に戸田さんのこだわり、プロとしての矜持も感じ取れる。映画が好きだからこそ務まる仕事なんですね。

映画と言えば様々なジャンルがあるが、字幕職人泣かせのジャンルが、いわゆるパロディ映画。この種の映画は日本では皆無に近いそうだが(確かに僕は一作も知らない)
その代表作はやはりホット・ショットだろう。

映画のパロディが網羅されているこの映画。なかでも一番多いのがカサ・ブランカのパロディw
↓は2作目におけるカサ・ブランカのパロディ。戸田さんのこの著作157ページも参照。

Kiss me.
Kiss me like you've never kissed me before.

Kiss me.
Kiss me as if it were the last time.


一作目でボギーに似たパイロットが出てきたりと、カサブランカのパロディが多いのは知ってたけど、このセリフもそうだったとは、指摘されなければ分からなかった。これを字幕職人だったらどう伝えるか。
伝えようがないではないか。。。w


この映画は字幕職人さんには悪いけど、やはり日本語吹き替えに限る。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/405-fe58ae10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。