図書館でカストロさん関連の新刊を発見した。 有意義な情報を発信されている伊高氏のブログで、Fidel y Raul, mis hermanos. La historia secreta
Fidel y Raul, mis hermanos. La historia secreta (Spanish Edition)Fidel y Raul, mis hermanos. La historia secreta (Spanish Edition)
(2009/10/26)
Juanita Ruz Castro、Maria Antonieta Collins 他

商品詳細を見る
の邦訳の宣伝を見かけていたので、いつか読んでみようと思っていた。キューバ革命をマイアミ側の人物から描かれた作品は、僕が知る限り邦訳では数少ない。その点において、この本は貴重な資料だと思う。

カストロ家の真実 - CIAに協力した妹が語るフィデルとラウールカストロ家の真実 - CIAに協力した妹が語るフィデルとラウール
(2012/03/09)
フアーナ・カストロ

商品詳細を見る

ざっと興味が向くところを読んでみましたが、著者(カストロさんの妹ファーナ氏)の怒りの感情が伝わってくる。あらゆるページから革命政府に対する怨念のようなものがヒシヒシと伝わってくるのだ。

前半ではカストロさんのプライベートのことについて、記述されている。確かにカストロさんは良き家庭人であるかと言われれば、疑問符を付けざるを得ない感がある。しかし、苦難の時代における統治者、革命家は犠牲にしなければならないものもあるのだ。民のために。そのことはゲバラも論文の中で記述している。
(↓キューバにおける社会主義と人民参照)

ゲバラと言えば、第22章で取り上げられていた。カバーニャ要塞で特権を利用し、ゲバラとの面会に挑むファーナ氏。しかし、ゲバラにはカストロの親族という名の肩書は通用しない。結局、ほかの人と同様に面会の列に並ぶことになったわけだがファーナ氏は怒り、「入り口からすでに横柄な態度が漂っていたわね」と言い、連れは「薄汚い感じ。お風呂に入っていないんじゃない」という始末。そんな横柄な態度で面会に挑むファーナ氏にゲバラは然るべき対応をした。
DSC_1232.jpg

NHKスペイン語テキストの書籍紹介欄に掲載されてました。
こないだ中級スペイン語が面白いので買ったんだけど、まさかこの本が紹介されているとは。原書もアマゾンで購入できるようですね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/412-ee7dbbf4