久々にリョサの本を読んでみた。去年の今頃は「チボの狂宴」を読んでいた。今回読んでみたのは、タイトルから如何わしい雰囲気満載の小説「悪い娘の悪戯」。この二作の共通点は、キューバ革命が作中で登場する点だろうか。今回はカミーロさんの兄弟オスマニ氏が登場した。

この小説の主人公ユネスコの通訳は、悪い娘に振り回される。世界中の男を食い物にする彼女は、フランス、キューバ、イギリス、そして日本へと渡り歩く。そんな彼女裏切られつつも、愛し続ける主人公はいつも行方をくらます悪い娘に悩まされる。

悪い娘の悪戯悪い娘の悪戯
(2011/12/23)
マリオ・バルガス=リョサ

商品詳細を見る


ある日、親しい同業者であるユダヤ人の通訳が、日本で彼女を見つけた旨の手紙を主人公によこすのだが、その手紙の中で日本文化の真髄について印象的な描写がなされていた。
「日本文化の神髄は、(...)"ラブホテル"と称される密室に集約される。(...)日本古来の崇高な伝統と最先端の技術をかけ合わせ、日本人の叡智が惜しみなく注がれた、まさに驚異の空間と呼ぶにすさわしい(...)」

なお原文では"ラブホテル"はmaisons closesと記されていた。なんのことか分からず、辞書を引いても出てこない。次にフランス語表記文字らしいものに目が入り、そうか!仏語かと気づき調べてみたら当たっていた。詳細はwikipedia先生の説明を参照されたし。
Prostitution in France

毎度おなじみにリョサのこうした記述。このノーベル文学賞作家はセクスワルな描写はまいどのこと。またやってくれました。。。。
DSC_1125.jpg

原書を安く買ったので、また暇があったらゆっくり読みなおそう思う。
cf
2011.06.25 チボの狂宴~ノーベル文学賞作家が描いたトルヒーリョ~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/413-032be41c