カストロさんの考察欄はいまも健在で、最近ではほぼ毎日執筆されている。以前、ステベンソンさんが亡くなられたことについてこのブログで紹介した際、カストロさんが彼の清廉潔白さについて執筆された一文を掲載した。
2012.06.13 清廉潔白なキューバの元ボクサー死去~私は札束の山より、同胞の愛情を選ぶ~
このころから、短文という、カストロさんの生涯における新しいスタイルで、考察欄を記されるようになった。そして昨日、カストロさんはヨーガ(ヨガともいう)について執筆された。さすがに僕も、なぜカストロさんがヨガについてこの考察欄でわざわざ書かれたのか?疑念を抱かざるを得なかった。。FBのカストロ研究室で、そのことをボヤいた次第であるが。どうやら各プレスも同じようなことを感じているようだ。
WS004713.jpg
↑グランマより。Lo inimaginable想像を絶するもの18 JUNIO 2012

キューバのカストロ前議長、国営紙で「ヨガ」を称賛
キューバ・ハバナ(CNN) キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が19日、ヨガの効能について論じたコラムを国営紙に寄せ、国民を驚かせている。


Fidel Castro stretches for a commentary topic -- yoga 同上

Fidel Castro leaves people guessing as he writes cryptic, Haiku-like notes MiamiHerald.com
短文=俳句ではないぞ。カストロさんはこういったスタイルで国民をからかっているわけでもないし、朦朧とされているわけでもないはず。。

要するに、短文であり、ヨガのことについて書かれるなど謎めいたところもあり、様々な憶測の種になっているわけだ。こういったことに、悪ノリするのがアメリカのメディア。

ゲバラの生誕日を14日に迎えたこともあってか、ニコラス・ギジェンさんがゲバラに捧げられた詩を掲載された。
Nicolás Guillén
2012.06.14 今日は青銅の巨人アントニオ・マセオとチェ・ゲバラの誕生日
alimentacion.jpg
17日はLa alimentación y el empleo sano食物と健康的な効用という題で、Moringa oleifera(いわゆるモリンガ、ワサビノキ※)について執筆された。この食物についてはわが国の厚生労働省が、妊婦に注意を呼びかけている。


謎は残るが、ここはひとまず、そっと見守るほかない。カストロさんも何か思うところがあって、ヨガについて執筆されているのだろう。問題はこの考察欄が機関誌グランマの一面に掲載される代物ということ。。。この考察欄はツイッターなどとは別物である。
universo.jpg
なお、今日のテーマは宇宙についてであった。
El universo y su expansión


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/421-436850a3