上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲバラがシエラ・マエストラで記した日記が今月出版された。その日記の57年5月27日のページにその日行われたブリーフィング、エル・ウベロ兵営での戦いに向けた作戦図が掲載されている。ゲバラがメモした簡易なものだが、この戦いで各分隊の配置状況が、どのようなものであったかを知る事が出来る。
この戦いでの目標は次の二点にあった。

戦略上の目標
マヤリに上陸するカリスト・サンチェスに率いられる「コリンシア号」の遠征隊の一行のために、独裁者軍の注意をひきつける。
シエラ・マエストラには独裁者軍に対抗し得る勢力が存在することを、キューバ国中に知らしめる。

より大きな地図で Revolución cubanaキューバ革命 を表示
「コリンシア号」の隊員たちは残念ながら、独裁者軍に虐殺され無惨な結果に終わったが、エル・ウベロの戦いは、7月26日運動側の大勝利となった。カストロさんの言葉を拝借すれば、まさに子供のゲリラ部隊が、成人したときであった。では、その作戦はいかように立てられたか?↓は作戦を描くカストロさん。
ernesto-che-guevara-18.jpg
まさにゲリラ部隊の作戦司令部である。左端で立膝を立てているのは、まだ分隊長にすぎなかったゲバラ。地面に作戦の戦術を描いているのはカストロさん。その右隣はカリスト・ガルシア。その右がラミーロ・バルデス。右端がフアン・アルメイダ。いずれも後に司令官として大部隊を統率する、キューバ革命の幹部。

この地面に描かれた作戦図は、ゲバラが日記に書き残したものより詳細な形で、カストロさんの回顧録「戦略的勝利」の巻末資料で拝見できる。CubaDebate上のページでも閲覧できるが、スペイン語表記なので印刷したものの上に日本語で書き加えたもの(自分用に作成)と、それぞれの記号に対応する箇所を、ゲバラの回顧録の文面を用いて軽く解説しようと思う。
uvero2.jpg
作戦目標
Tomar las postas y acribillar a balazos el cuartel de madera.
歩哨所を攻略し、木造兵舎を弾丸で蜂の巣にせよ。


青い旗が敵の仮設兵営を示している。その手前に描かれているのは民家だが、ゲバラは回顧録で次のように配置状況を記している。
エル・ウベロの配置状況と留意点
Se sabía que el cuartel no tenía mayores defensas salvo algunos bolos diseminados en las inmediaciones, los puntos fuertes eran las postas de 3 a 4 soldados cada una, emplazadas estratégicamente en las afueras del cuartel.
付近に散在しているボロス(兵舎)を除いて、兵営はたいした守備ではないことをわれわれは知っていた。強力な陣地は、兵営の外に戦略的に設営されていて、それぞれに3,4名の兵士が配置されている歩哨所があることがわかった。
Este estaba dominado por una loma colocada justo enfrente y que sería el emplazamiento del Estado Mayor para dirigir el combate.
兵営は真向いの丘から見下ろすことができるので、そこに戦闘を指揮するための司令部が置かれた。(赤と黒の旗)
Era factible acercarse hasta pocos metros de la construcción a través de la maraña de los montes cercanos.
近くの山のくさむらを通り、建物からわずか数メートルの地点まで接近することが可能であった。
Una instrucción precisa era el cuidado especial de no tirar contra el batey, pues había mujeres y niños, incluso la mujer del administrador que conocía del ataque pero no quiso salir de allí para evitar después cualquier suspicacia.
重要な指令は、製糖工場に向かって撃たないように、細心の注意を払うことであった。というのも、そこには管理人の妻を含め、何人かの女子供がいたからだ。彼らは襲撃を知っていたが、事後、なんらかの嫌疑をかけられることを避けるために、そこから出ようとしなかった。
La población civil era nuestra preocupación mayor mientras partíamos a ocupar los puestos de ataque.
民家はわれわれにとって、最も気がかりなことであったが、攻撃地点を占領するために、われわれは出発した。(アルファベット記号で示された箇所)

Construcciones de la maderera Babún:
以下、バブーン材木商会の建物(「戦略的勝利」の図面参照)
A) Casa del administrador
管理人の家
B)Oficina y pañol de herramientas
事務所と物置
C)Taller de mecánica
作業場
D)Albergue
寝所
E)Fonda y bodega
簡易寝所と保管庫
F)Casa de Gilberto Cardero
ヒルベルト・カルデーロ(ウベロの情報を提供した協力者)の家
G) Vivienda de trabajadores
労働者の住居
H) Embarcadero de madera
木材出荷のための埠頭

各分隊の配置と任務
El cuartel del Uvero estaba colocado a la orilla del mar, de tal manera que para rodearlo solamente necesitábamos atacarlo por tres puntos.
エル・ウベロの兵営は、海に臨んでいたので、包囲するには三方から攻撃を仕掛けるだけで事足りた。(cf上記のGoogle Mapを参照。作戦図は左へ145度回転している)
⑦⑧
Sobre la posta que dominaba el camino que, desde Peladero, viene bordeando el mar, el que también nosotros utilizamos en parte, se mandaron los pelotones dirigidos por Jorge Sotús y Guillermo García;
ペラデロからの海辺の道、これもまたわが方が部分的に利用していたが、そこを見渡せる歩哨所には、ホルヘ・ソトゥスとギジェルモ・ガルシアが率いる分隊が派遣された。

Almeida debía encargarse de liquidar una posta colocada frente a la montaña, más o menos al Norte;
アルメイダは、ほぼ北側に位置する山に臨む歩哨所を掃討する任務を担うことになった。
①と7月26日運動旗
Fidel estaría en la loma que domina el cuartel y Raúl avanzando con su pelotón por el frente;
フィデルは兵営を見下ろす丘に留まり、ラウルは彼の分隊を率いて正面から前進することになった。

a mí se me asignó un puesto intermedio con mi fusil ametralladora y los ayudantes;
わたし※は、機関銃と助手とともに、中心地点を割り振られた。
※ゲバラはマドゼン機関銃を装備していた。
③④
Camilo y Ameijeiras debían avanzar de frente, en realidad entre mi posición y la de Raúl, pero equivocaron el rumbo por la noche e iniciaron la pelea luchando a mi izquierda en lugar de hacerlo a mi derecha;
カミーロとアルメイヘラスは、本当は私とラウルが位置する地点の正面を前進しなければならなかったのだが、夜の暗闇で方向をとり違い、私の右翼ではなく、左翼で闘いを始めた。

el pelotón de Crescencio Pérez debía avanzar por el camino que, saliendo del Uvero, va a Chivirico e impedir la llegada de cualquier clase de refuerzos que vinieran por esa zona.
クレセンシオ・ペレスの分隊には、ウベロからチビリコへ通じる道を前進し、チビリコからやってくる敵の増援をすべて阻止しなければならなかった。

以上が作戦の解説だが、それだけで記事の欄と時間を費やしてしまった;。。。続きはまた次回。
なお、この記事ではゲバラの回顧録とカストロさんの「戦略的勝利」を参照した。前者は邦訳が多数あり、後者は近いうちに邦訳が明石書店から出版されるとのこと。
わたし自身が参照した原文個所などは、いつも通り下記に残しておく。
Pasajes de la Guerra Revolucionaria (Cuba)
-El combate del Uvero.
http://www.centroche.co.cu/cche/index.php?q=node/228
“La victoria estratégica”
http://www.cubadebate.cu/fidel-castro-ruz/2010/08/05/la-victoria-estrategica-introduccion-fotos-y-documentos/

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/423-032a4407
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。