上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国連のFBを通じて9月8日は「国際識字デー」だったことを知りました。日本やキューバといった恵まれた国々では至極当たり前であることが未だに世界で達成されていないということに、ふと気づかされました。

ホセ・マルティは次の言葉は、今日のキューバ教育の礎となっている。
"Ser culto, para ser libre"
教養を培うことは、自由になるためである。


革命まえは絶望的な識字率も、今日ではラテンアメリカで随一のキューバ。2003年のメーデーでカストロさんは次のように述べられた。
En medio de un riguroso bloqueo y guerra económica que han durado casi medio siglo, Cuba fue capaz de erradicar en un año el analfabetismo que no han podido vencer en más de cuatro décadas el resto de los países de América Latina, ni tampoco Estados Unidos.
容赦ない封鎖と経済戦争はおよそ半世紀の間、続いてきたが、キューバは一年間で文盲を根絶できることを示し、ほかのラテンアメリカ諸国や合衆国すら40年たった今日でも達成できずにいることを成し遂げました。

Llevó la educación gratuita al ciento por ciento de los niños.
無料の教育を享受できる子どもたちは、100%に至りました。

下記のUNRICのデーターはEnlargeボタンを押すとうまく表示されます。
マンデラさんの言葉が掲載されていますね。
"Education is the most powerful weapon which you can use to change the world."
教育は世界を変革する為に行使できる最も強力な武器である。

現事務総長はさておきアナン元事務総長の言葉も良いっすね!
“Literacy is a bridge from misery to hope.”
教養は貧困から希望への架け橋である。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/432-d91664c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。