上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合衆国のU2スパイ機がキューバに配備されたソ連の中距離ミサイルを発見してから11日目。洞窟に隠されていた核弾頭が、ミサイルに搭載される時が来た。米ソの緊張が極限にまで高まったキューバ危機だが、そのプレッシャーに一番苛まれていたのはソ連の指導者ニキータ・フルシチョフだったに違いない。彼はモスクワに来たゲバラにいざという時はバルチック艦隊をキューバに派遣してやると言い、当初は威勢が良かったが、いまやカストロさんが主張した通り、ミサイル配備を公に公開しておくべきだったと悔やんでいたそうだ。


フルシチョフはケネディに自身の感情を露わにした手紙を送った。その手紙が読まれたのは10月26日のこと。互いが緊張のあまり軍備に邁進し核戦争によって滅びようとしている状況を、盲目のモグラの衝突に例えるなど、比喩が使われている。フルシチョフは第二次世界大戦で、あの壮絶なスターリングラード攻防戦やクルクスの戦いにおいて、政治委員として参加していた。最前線で戦争の悲惨さも目の当たりにした彼は、作戦地図上で指揮をとる将軍らとは違う視点を持っていたのだろう。

ケネディについても同様のことがいえる。彼もまた太平洋戦争で、大日本帝国の凄まじい玉砕を目の当たりにした一人なのだ。カーティス・ルメイのように大空襲を指揮する立場として先の大戦に参加した者にはなかった、戦場の現場の恐ろしさを知っていた。
cf)Be Kennedy (during the Cuban Missile Crisis)

ルメイは一晩で10万もの日本人を空襲を指揮することで殺したが、彼が観ていたのは日本列島の地図だった。この時のルメイの蛮行はマクナマラさんのドキュメンタリーで解説されている。

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ 元米国防長官の告白 [DVD]フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ 元米国防長官の告白 [DVD]
(2009/08/05)
ロバート・マクナマラ

商品詳細を見る

このドキュメンタリーでもフルシチョフの手紙が紹介されていた。マクナマラさんが英訳された当時の文章を読んでいた。下記は英語からの訳出で二重訳になるが、フルシチョフが戦争をロープの結び目に喩えたくだり。
If, however, you have not lost your self-control and sensibly conceive what this might lead to, then, Mr. President, we and you ought not now to pull on the ends of the rope in which you have tied the knot of war, because the more the two of us pull, the tighter that knot will be tied.
しかしながら、もしあなたが自制を失うことなく、これが何なのか賢く理解されるなら、大統領、固く結ばれた戦争と言う名の結び目が生じたロープを、いまや私たちは両端から引き合うべきではありません。なぜなら、双方が引けば引くほど、結び目はさらに固く結ばれることになるからです。

And a moment may come when that knot will be tied so tight that even he who tied it will not have the strength to untie it, and then it will be necessary to cut that knot, and what that would mean is not for me to explain to you, because you yourself understand perfectly of what terrible forces our countries dispose.
そして、あまりにも固く結んだために、結んだ者すら結び目を解けなくなってしまい、結び目を断ち切る必要に迫られます。それが何を意味するのか私が説明するまでもないでしょう。なぜなら、私たち両国がいかに恐ろしい力を持っているかを、あなた自身がしっかり心得ているではありませんか。


Consequently, if there is no intention to tighten that knot and thereby to doom the world to the catastrophe of thermonuclear war, then let us not only relax the forces pulling on the ends of the rope, let us take measures to untie that knot. We are ready for this.
したがって、もし世界を熱核戦争の破局へと導く結び目を固くする意図がないのなら、ロープの両端を引いている両軍の緊張を解くだけでなく、結び目を解く手を打ちましょう。私たちはそのための準備が出来ています。


Department of State Telegram Transmitting Letter From Chairman Khrushchev to President Kennedy, October 26, 1962

carta.jpg

↑は2012.09.25 ケネディのテープレコーダー~JFKライブラリーがCDとセットで発売~で紹介したListening In: The Secret White House Recordings of John F. Kennedyより

この手紙はホワイトハウス内で回覧されたが、ルメイはこれを読んで反吐が出ると言ったそうだ。反応は様々だったが、この手紙によってフルシチョフもまた核戦争の恐怖に脅えていることが露わになり、また平和的な打開策の可能性が見えてきた。

しかしながら、翌日、米ソの緊張が高まる事件が起きる。1962年10月27日は後に暗黒の土曜日と呼ばれるようになった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/450-bd4bd196
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。