上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こないだ英語学習の教材を探してたら、ジブリの映画の英語版を使ってみると良いと言ってるサイトを観て、「魔女の宅急便」の英語版を買ってみました。英語学習についてブログで書くのは久しぶりっすね。

Kiki's Delivery Service [DVD] [Import]Kiki's Delivery Service [DVD] [Import]
()
Kirsten Dunst、Minami Takayama 他

商品詳細を見る

「紅の豚」はありきたりなチョイスなので、ちょっとマイナーなこれを用いた次第です。

日本語版の音声に勝るものはないのですが、英語版もなかなか良いっすね。買って初めて気づいたんだけど、↑の商品は日本語音声もしっかり収録されていました!調べてみたら日本語版との差額は1500円で、何故かこっちの方が安いんっすね。

クロネコヤマトが配達してくるのかなと思いきや、違う配達業者でしたw
DVD KIKI
字幕も出るけど、基本的に普通に聴きとれる内容で、身構えずリラックスしながら英語学習できる教材です。
キキがパン屋のおばさんと出会うシーンで、おばさんが次のように叫んでいるシーンがありました。
Your pacifier! Ma'am, you forgot your baby's pacifier.! Oh! Poor baby. Without this, the baby'll wake up and cry all the way home.
pacifierってなんだろ?初めの一句では単語の意味を知らなかったので意味がつかめなかったんですが、おばさんが「これがなかったら、赤ん坊は目を覚まし、帰宅途上ずっと泣いちゃうわ」って上記の通り言って「おしゃぶり」がアップで写されるので、なんだ「おしゃぶり」のことかと分かります。

困り果てたおばさんを見て、キキが配達することを提案します。
Excuse me. But would you like me to deliver it for you?

このジブリの作品は街が舞台なので、実用的な英語が学べる良教材っすね。pacifierみたいな単語はネイティブだったら小学生でも知ってるだろうけど、日本に住んでいたら意外と知る機会がない単語なんっすね。海外でベビーシッターとかしたことある人なら当たり前のように聞く単語かも知れませんが。

おまけ)
2Kiki Guevara
こんなストーリーあってもいいかもw
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/462-3c0da6dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。