上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもブログの方は御無沙汰しています。。最近、西語の方の勉強を疎かにして英検1級に向けて勉強しています。と言うわけで、スペイン語で記されているカストロさんの記事を紹介する前に、録画していたTVでスペイン語をウォームアップも兼ねて観ていました。
番組では僕の好きなアンダルシアについて紹介されていましたが、とりわけ興味深かったのはサルサの大御所エル・グラン・コンボ・デ・プエルト・リコのインタビュー。このグループは激動の時代62~63年にかけて結成されたという。キューバへソ連のミサイルが持ち込まれ世界中の人が固唾を飲んだ時代背景がデビュー曲「アカンガナ」に反映されている。アカンガナ(Acángana)はプエルトリコ独特の衝撃を形容する表現だそうだ。

ラテン気質で緊張を解すということだろうか。歌詞を気にせずこのアカンガナを聴いてみたら、そのようなシリアスな時代背景があるとは想像しがたい。。
Despues de muerto no se puede gozar! 死んじまったら、楽しめないぜ!

余談はさておき、久々にブログを書こうと思ったのは、カストロさんが一触即発な朝鮮半島の情勢について記されたからだ。
核戦争の懸念=半島情勢、重なるキューバ危機-カストロ氏警告 時事通信
FBページでも昨夜から紹介していますが、ブログでも書こうと思う。考察欄のタイトルは
朝鮮における戦争を回避する責務
El deber de evitar una guerra en Corea 5 ABRIL 2013

カストロさんは同胞の北朝鮮の科学技術の進歩が証明されたが、一方で朝鮮の同胞に対し戦争がもたらす結果について警告された。キューバ危機の当事者だったカストロさんの言葉は重い。
Se trata de uno de los más graves riesgos de guerra nuclear después de la Crisis de Octubre en 1962 en torno a Cuba, hace 50 años.
50年前の10月危機(キューバ危機のこと)以来、最も深刻な核戦争の危機だ。

と懸念されている。

↑北朝鮮を訪問されたカストロさん。
この記事では北朝鮮の英雄、金日成をカストロさんは称えられていたが、
Si allí estalla una guerra, los pueblos de ambas partes de la Península serán terriblemente sacrificados, sin beneficio para ninguno de ellos.
もし戦争が勃発すれば、朝鮮半島の両国は凄まじい犠牲を被り、何の利益ももたらさないだろう。

と朝鮮の同胞に対し諭されている。

合衆国に対しても警句を投げかけられている。戦争を回避する責務は、オバマ政権だけではなく、合衆国人民に委ねられていると。

カストロさんはキューバ危機の体験を通じて、核兵器廃絶を半世紀にわたって訴えられて生きた。


Basta ya de la ilusión de que los problemas del mundo se puedan resolver con armas nucleares.
核兵器で世界中の問題が解決されるという幻想は、もうたくさんだ。
Las bombas podrán matar a los hambrientos, a los enfermos, a los ignorantes, pero no pueden matar el hambre, las enfermedades, la ignorancia.
爆弾は飢えた人や病人、無学の人々殺すことはあっても、飢餓や病気、無知を撲滅することはできない。


北朝鮮は帝国主義からの防衛の名目で、核兵器開発に数多の資金を投じてきた。自国民が飢えに苦しんでいるにもかかわらず。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/486-17294ac1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。