上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと大げさな表題だが、CubaDebateの掲載記事の見出しFidel y Malcolm X: Encuentro histórico hace 50 añosを大げさに訳してみたwカストロさんは1960年9月19日に国連総会へ出席し、アンクルサムのキューバに対する暴挙を非難した。宿泊していたホテルで過剰に代金を請求されたことが原因でカストロさんはニューヨークのハーレムの安ホテルに泊まることになったのだが、その時にクルシチョフだけでなくマルコムXとも会っていた。
fidel-castro-malcom-x-300x182.jpg

それまでアメリカに対しては素直に服従するのがあたりまえだっただけに、カストロ国連での演説は特に虐げられてきた第3世界の人々に感動を与えた。
マルコムXはキング牧師とは対照的に過激な黒人解放運動の指導者だったが、アメリカ人であることには変わらない。しかしアフリカで同胞達が帝国主義の搾取に苦しんでいるのに対する怒り、帝国主義者に対する非難の気持ちは共通する。
“Luchamos por toda la gente oprimida”
すべての虐げられた人々に対して我々は団結して戦う
マルコムXは60年代のアンクルサムという怪物の中で活動していたが、体制に逆う運動家だ。激しやすい気質を考えても、キング牧師よりマルコムXとの方が気が合ったのかも知れない。
fidel-y-malcom-x-300x217.jpg
キューバでは本当の意味で人種差別がなくなっている。アメリカはたとえ公民権運動の成果が実って法律上差別がなくなっても、差別意識の方は撤廃できているのだろうか?キューバにおける人種間の差別意識の撤廃は革命の大きな成果の1つだろう。

fidel-y-malcom-x-1-580x377.jpg


今から50年前の国連総会での4時間半に及んだ長時間の演説の一部分は、カストロのドキュメンタリー番組などで観られる。スペン語でなら全文がネット上で見られる。以下はその抜粋。
Señor Presidente;議長及び
Señores delegados:各国の代表者諸君、
Fidel Castro Speaking_0007

Cuba no era el primer país agredido;
Cuba no era el primer país en peligro de ser agredido.
アメリカの脅威にさらされた国は、
キューバが最初ではない。
アメリカから攻撃された国家も、
キューバが初めてではない。
En este hemisferio todo el mundo sabe que el gobierno de Estados Unidos
siempre impuso su ley:la ley del más fuerte;
アメリカはいつも強引に意志を押し付けるのだ。

DISCURSO PRONUNCIADO POR EL COMANDANTE FIDEL CASTRO RUZ, PRIMER MINISTRO DEL GOBIERNO REVOLUCIONARIO, EN LA SEDE DE LAS NACIONES UNIDAS, ESTADOS UNIDOS, EL 26 DE SEPTIEMBRE DE 1960.
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/50-1c1ea3ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。