上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日からFBページでストーン監督が広島を訪問することを伝えてきました。明日は広島に原爆が投下された日ですね。

今年はストーン監督のドキュメンタリーOliver Stone's Untold History of the United States
The Untold History of the United StatesThe Untold History of the United States
(2013/04/18)
Oliver Stone、Peter Kuznick 他

商品詳細を見る
Chapter 3: The Bombを観たこともあって、合衆国の視点からこの問題について考えさせられます。上記のドキュメンタリーはNHKのBSで深夜に再放送されているので、見逃された方は録画して観られることをお勧めします。BS観れない人は書籍版もあるのでそちらを読まれることをお勧めします!

O・ストーン監督原爆資料館に NHK


ストーン監督は原爆資料館を見学された後、ひどくショックを受けられたようです。僕も昨年、初めて見学してきましたが生々しい描写につい立ち止まってしまいました。
"I feel bad today, like I'm walking dead, when I see...the skeleton, the bones, the rags, the misery of that day,"

興味深いのは、この原爆資料館で描かれている筆舌に尽くし難い地獄絵図と現代の広島市街地の繁栄の間のコントラストについて、監督が強く印象に残ったと述べられている点です。
The contrast between the current prosperity of Hiroshima and its devastation caused by the bombing is "very powerful,"
59年に資料館を訪れたゲバラも同様の感想を帰国後のレポートに記している事は去年このブログでも紹介しました。

Todo es nuevo en Hiroshima, reconstruido después de la espantosa explosión, pero señales indelebles de la tragedia flotan sobre la ciudad y en los nuevos edificios, réplicas exactas, muchas veces, de los que anteriormente ocupaban el lugar.
恐ろしい爆発の後に復興された広島では、何もかもが新しい。しかし消すことのできない悲劇の痕跡は、爆弾が投下された所に位置していた建物の、当時のまま残されたレプリカの中を漂っている。
Se adivina, sin embargo, una falta de continuidad. Es una sensación difícilmente definible que hace aparecer a la ciudad como la reproducción de algo ya muerto.
しかしながら、両者には連続性に欠けるように思える。この街を、あたかもすでに死んだものの再生のように見せることに、私は釈然としない。


広島の市街地の復興計画については、有能な市長が陣頭指揮をとられたことは、先日のNHKスペシャルで学びました。GHQにも資金面で協力してもらい、広島の市街地は国際都市にまで発展しました。ゲバラやストーン監督がコントラストに驚きを隠せない気持ちはよくわかりますが、いつまでも瓦礫を市街地に遺すわけにもいきませんね。そのことは両者ともに心得られていると思います。重要なことは、この悲酸な記憶をいかに次世代までしっかり伝えていくかという点にあります。

"Hiroshima must be a symbol, must remain in the memory in the right way."
「広島は象徴として正しく記憶に残らなければならい」
と述べられたストーン監督。明日の広島市の平和記念式典や長崎、沖縄、東京の各地でもどのような発言をされるか注目されます。
DSC_1869 - コピー

去年、広島訪問した際に撮った写真。平和の象徴ハトが慰霊碑の上にとまっていました。

【広島関連記事】
2012.08.06 広島で抱いた想いを糧に~ゲバラが記した"平和へのメッセージ "~
2012.08.06 このような蛮行は二度と繰り返されてはいけない~カストロさんが広島に残されたメッセージ~

2011.08.06 僕の敵にも白いバラをあげようPoemas de José Martí

2010.09.23 カストロさん、日本の被爆者の声を聞くFidel con los integrantes del Crucero por la Paz
2010.08.09 ゲバラ「日本国民、ヒロシマの市民はなぜアメリカの原爆投下責任を問わないのだ」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/505-41ba1bc0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。