キング牧師のあの有名な演説から50周年ということもあって、デモクラシー・ナウなどでそれが取り上げられていますね。闘いはまだ続いている様です。
キング牧師演説50年 集会で「差別今も」 NHK

昨日NHKの大河ドラマ「八重の桜」の再放送を観ていたらオダギリジョーが演じる若き新島襄が合衆国の教会で、祖国で学校を築く自らの夢を語っていました。革命戦争後、疲弊した日本は文明開化に勤しんでいましたが、まずやらなければならないことは民への教育。キューバ革命においても教育に重点がおかれていましたが、教育は国家の繁栄の礎であるという考え方は古今昨今変わらない原則ですね。

今回の大河ドラマは同志社大学の良い宣伝になりますね。十代のころは新島襄の功績っていってもピンとこなかったんですが、今なら分かります。連れと一緒に新島襄の良心碑を観に行ったことがあったんだけど、そのころは宗教家の言うことなんか胡散臭いなとか思ってました。

新島襄は宗教家には違いないかもしれないけど、彼が日本の教育の近代化に尽くした功績は大きい。NHKで新島襄が演説している姿は、まるで同時代、合衆国でキューバ革命を訴えていたホセ・マルティの様に輝いて見えますね。そういえばマルティも教育に情熱を注いでいましたね。

カストロさんも合衆国でこういう演説をしていましたが、目的は資金集めです。夢を夢で終わらせない為には資金集めをしなければなりません。新島襄も合衆国で演説し、彼に共感を覚えて方から祖国で学校を築くための資金を集めていました。

今夜はいよいよヒロインが主役の新島襄に出会うようですね。
第34回 「帰って来た男」お見逃しなく。

関連記事
2013.01.16 私には夢がある I Have a Dream~医学生ゲバラの夢~


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/511-4a04dba7