上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また1か月以上ブログを放置してしまいました。FBページを持って以来、ブログを書く時間がなくなってしまったせいかもしれませんね。。両者とも一長一短があるのでうまく使い分けたいところです。

早いものでもう2011年の3月11日から3年もの歳月が流れました。当時はまだFBページを持っていなかったのでブログの記事はそこそこ書いていたのですが、自衛隊に関する記事がちょっと目立ちますね。
2011.08.18 自衛隊救援活動日誌  東北地方太平洋地震の現場から
2011.04.05 日本の危機に立ち向かう自衛隊 Japan’s military steps up to provide services during crisis
2011.06.16 もしも日本が戦争に巻き込まれたら~日本の「戦争力」vs中国~小川 和久

あの年は自衛隊に憧れ無謀にも幹部候補生の試験を受験したものですが、当時テレビで自衛隊の隊員の方が懸命に救助活動を行われている様子を見て僕も何かできないかと歯がゆい思いでいたのが思い出されました。

僕が自衛隊員を志した動機は、自衛隊の方の災害派遣活動をテレビで観て隊員の勇姿に憧れただけではありません。実はゲバラやカストロさんが示された愛国心に影響を受け、自身の国のために尽くせる仕事に就きたいと思い立ったのがきっかけでした。3・11では入隊の思いは強まりましたが、やはり肝心なのは前者に違いありません。。就職活動中、合同説明会で自衛隊のブースへ行ったのは3・11の1か月前のことでしたが、一緒に合説に来ていた知り合いはビックリしていました。

幹部候補生の試験を受ける前は、親切な広報官のかたに、戦車隊や空自の基地に連れて行ってもらったり、親身になって話を聞いてもらったりといろいろお世話になったものです。しかし、なぜ自衛隊に入隊したいかという肝心なところで、僕は彼らに隠し事をしていました。さすがに僕の愛国心を駆り立てたのはゲバラとカストロさんと正直に言うことはできませんでした。筆記試験は突破できたんですが、やはりこんなことでは面接官の心に響くようなことは言えませんね。結果は言うまでもありません。

しかし、国に尽くせる仕事は何も自衛隊に限った話ではありませんね。自分はやはり自衛隊には向かないからもう来年の試験は受けませんとお世話になった広報官の方に話したら、そのことを教えて頂きました。

あれから3年…僕はメーカーで働いていますが、当時抱いた想いは大切にしたいものです。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/522-f678a6a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。