上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばしば程度の低いコメントが目立つニコニコ動画だが、彼らのコメントは日本国民の今の心情を代弁しているのではないかww?それにしても最近検察が悪役を演じさせられてますね
この首相が演説するとますます情けなく聴こえる。いや、もうどうでもぃぃゃ。。。。とさえ思えてくる
普段はこのブログでは国内情勢を書いたりしないが、極東情勢の緊張が日増しに強まってきたので不安を感じつつ書いてみた。
このマスコミの報道みんなどう感じ取っているのだろうか?中国ではナショナリズムが高まる一方で、日本国内では呆気にとられただ呆然とこのニュースを聴いている人が大多数だろう。僕もそのうちの1人だ。。。。。

これからの日中関係が悪化することは誰の目からも明らかだが、このシナリオは誰が描いているのだろうか?
極東情勢は朝鮮半島も緊張が続く中、もう一つの緊張も大きくなりつつある。問題はこの火種に誰が油を注いでいるのか、という点だろう。菅首相(この人もすぐ元首相という肩書きになるだろうが)今回の記者会見は国連に首相が行っていることもあり、国連と日本とアメリカの国旗がバックに掲げられた部屋で行われている。何気なく目に入ったのだが、何故かこの3つの国旗が何かを如実に物語っている様な気もしなくはない。

日中間で仮に戦争が起きた場合、極東で新しい秩序が築かれるだろう。中国のこの経済成長はアメリカにとっても日本にとってもその他の地域の国にとっても煙たい存在だ。中国の経済成長に歯止めをかけるために国際世論は冷酷なまなざしで極東での戦争を見守ることだろう。

まぁかなり私見に基づいた記事を今回も書いてしまったが、今回のこのインチキ報道を他の人はどう受け止めているのだろうか?僕は変に先読みしすぎちゃったっすねw。。。。

とりあえず客観的な事実は他の方のブログで

 那覇地検が中国人船長を処分保留で釈放する決定を公表したことに24日、与党・民主党からも失望や疑問の声が相次いだ。党代表選後、内閣支持率の上昇に勢いを得た菅直人首相だが、中国の圧力に屈服した格好の今回の決定は、今後の政権運営に大きな影響を与えそうだ。首相の求心力低下にもつながり、民主党代表選で首相に敗れたばかりの小沢一郎元幹事長の「復権」を早めることになるかもしれない。  「内閣支持率はがた落ちで...
中国人船長釈放で菅政権に激震、小沢復活を後押し?


「中日両国が近隣として、戦略的互恵関係を発展させる方向を堅持することは両国民の利益に合致する。双方が対話と協調を通じて両国間の問題を解決し、両国関係の大局を維持するという中国側の立場に変更はない」とは意味のない発言だろう
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/53-1f28f743
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。