今日は姫路労音様主催のアレイダ・ゲバラさんの講演会に参加するために姫路へ行って来ました。姫路と言えばNHK大河ドラマ軍師官兵衛の舞台ですね。講演会は午後からだったので、午前は世界遺産姫路城を観光してきました。
himejizyo3.jpg
姫路駅東口から徒歩で6分ぐらいで姫路城へアクセスできます。家老屋敷跡公園内には「ひめじの黒田官兵衛 大河ドラマ館」があり城とドラマ館のセットの入場券を購入しました。

ドラマ館では官兵衛だけでなく、戦国時代の様々なタイプの軍師が紹介されていました。大局観に立って戦略を練るタイプ、戦場で戦術を練る戦術家、あるいは明智光秀のように戦場へは赴かないが刀狩りなどを発案したり道路を整備する官僚タイプなどなど。

官兵衛は戦略も戦術も練れる優秀な軍師で、中国大返しでは見事に大軍を率いて裏切り者の明智軍の首をとり秀吉が天下人になるに欠かせない人物でしたが、これはゲバラとカストロさんの位置づけにも似てなくもないですね。キューバ解放戦争でシエラ・マエストラから部下を率いてサンタクララまで進攻し、バティスタ独裁軍を巧みな戦術で打ち負かしたチェ・ゲバラ少佐。日本の軍師についてはまだ勉強不足ですが、なかなか興味深いですね。
himejizyo1.jpg
ともあれ姫路城は壮観でした。クレーンが映らないアングルで撮影。
DSC05761DSC05761.jpg
城は工事中ですが、百間廊下は入場可能でした。外国人観光客の方もいらっしゃって、通訳ガイドの方が英語で案内されていました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/536-45441c69