上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウクライナ上空で撃墜されたマレーシア航空機についてカストロさんは「とんでもない挑発(Provocación insólita)」と題する手記を記され、ウクライナのポロシェンコ政権を非難されました。
ロシアのプーチン大統領がキューバを訪問してカストロさんとも会談され、キューバとロシアの絆が深まる中、カストロさんはロシア側を支持されていますが、一方でチェルノブイリ原発事故後、キューバがウクライナを支援して来たことについても触れられました。ウクライナのチョコレート王の異名を持つポロシェンコ大統領統治下で撃墜された航空機、果たして真相は。。。?
マレーシア航空機「撃墜された」主張対立 NHK



カストロさんはイスラエルのガザ地区侵攻とこれを正当防衛だと認める合衆国を非難されました。オバマ大統領はゴリアテと対峙するダビデではなく、逆にダビデを攻撃しているゴリアテを支持しているとカストロさんは形容されました。


痛烈な風刺画ですね。





このNYタイムズの図式見るとイスラエルによる一方的な攻撃だという印象を受けますね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/541-cc58eb47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。