上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前回までは、空港に到着した夜9時から翌日の朝7時前までを4回に分けて書いてきました。今日は5月4日の昼前に訪れた革命広場までの出来事を、少しペースを早めて記してみようと思います。今回は未熟ながらもHDR(high dynamic range imaging)を用いたハバナの建物の写真を掲載しました。写真にお詳しい方がいらっしゃれば、改善点などご指摘いただければ幸いです。
DSC06069_70_71デフォルト_tonemapped
朝日に照らされたカピトリオの前でサイドカーが信号待ちしていました。HDR合成前だとカピトリオの影でバイクもアメ車も暗くなってしまいますが、異なる露出で撮影した写真を合成した後はこの通り!といってもまだまだ手直しするところがありそうです。

満月に映えるマレコン通りを撮影することが出来ましたが、今日は天気が悪いこともあってか7時前にも関わらず辺りはどんよりしています。
DSC05953_4_5_なめらかtonemapped
これでは良い写真も撮れそうにないな..とガッカリしているとハーフパンツを履いた英語圏からの観光客のオっちゃんが「調子はどうだい?」と声をかけてきました。僕と同じソニーのミラーレス一眼α7を首から下げ、同じ広角ズームFEレンズ(Sony Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4)を装着しています。全く同じ装備ですねと笑いながら改めて相手のカメラを見るとα7のよこにⅡの文字を確認、どうやら相手のカメラは本体に優秀な手ぶれ補正機能を得た改良型のようです。話を聞くと僕が持っている従来機も持っているが、家に置いて来たという。新しいものが出るとつい欲しくなるものですが、僕はα7で我慢するほかありません。いや…これだって装備しているレンズを考えると身の丈以上かもしれません。

 オッチャンは他の撮影グループと共にキューバを旅行されているそうで、ハバナ西部の広大な景色が広がるピナール・デル・リオへ行かれたとのこと。このマレコン通りと同じく広角レンズの性能を存分に発揮できる場所です。
DSC05967デフォルト_8_9_tonemapped
ブランケット撮影した写真をPhotomatixというソフトで合成した写真。編集次第では逆に風景が損なわれたりしますので、やや使い勝手が難しいですね。FBページでもシェアしていますRey Cuba PhotographyさんはHDR合成を上手く使いこなされています。

The old spiritRey Cuba Photography

Posted by Rey Cuba Photography on 2015年3月23日

おっと….あまりカメラのことを話していると旅行記ではなくなってしまいますね。現地でもオっちゃんと話し込みそうになったのですが、ゲバラ研究室のFBページを通じて知り合った方とホテルで朝食を8時から共にする約束があって、1時間以内に戻らないといけないので別れを言って戻ることにしました。
504DSC05946.jpg
帰り際にこの日の夕食を食べたソビエト料理のお店の外観を撮影していました。また、晩飯の旅行記で紹介します。
DSC05983なめらかさ2_4_5_tonemapped
プラド通りに戻ってみると、建物が朝日を浴びていました。行きしに見たときは真っ暗で街頭だけに照らされていたので気が付きませんでしたが、鮮やかな色彩の街並みですね!まだ基本的に合成しかしてないので、いろいろ詰めが甘いですが、HDRはハバナの街並みに向いています。
DSC05991バランス_2_3_tonemapped
さきほど人を乗せて停まっていたバスと違って無人のバス。放置されているのでしょうか。
DSC06002バランス_3_4_tonemapped
青銅のライオンに見守られている街並み。タクシーの運転手の方から聞いた話によると、獅子は宗主国のスペイン帝国を象徴していたそうです。
DSC06017.jpg
それにしてもプラド通りは綺麗に整備されています。まだ暗いときに見かけた清掃されていた方々のおかげですね。
DSC06022デフォルト_3_4_tonemapped
コロニアル建築っているんでしょうか?ハバナは街並みを観ているだけでも満足です。7時台になったので通勤、通学のキューバ人を多く見かけるようになりましたが、彼らにとってはこれが日常の風景なんですね。こんな味わい深い建物を見ながら毎日過ごせるなんて羨ましいものです。
DSC06044_5_6デフォルト_tonemapped
建物を流し撮りしながら、ようやく宿泊先に帰ってきました。まだ待ち合わせの時間まで余裕があるので、先にサラトガ・ホテルでパルタガス葉巻工場の見学ツアーのチケットを買いがてらカピトリオの方も観に行くことにしました。さっきまで曇ってた空も急に晴れてきましたね!
504DSC06060.jpg
さっきの曇天が嘘なぐらい建物の合間から朝日が強く差し込んでいます。
504DSC06063.jpg
同じ島国ですが、日本より国土が小さいキューバとは思えないぐらい壮大な旧国会議事堂。奥に見えるのは昨夜ライトアップされていた大劇場です。
504DSC06059.jpg
外観は素晴らしかったのですが、残念ながら中は現在修復工事中のため入場することが出来ません。
504DSC06066.jpg
隣接している大劇場も素晴らしいですね!バロック建築だったかな、次にハバナを訪れることがあれば是非中へも入ってみたいものです。

さてホテル・サラトガに着いて葉巻工場見学ツアーを申し込もうとしたのですが、どうやらまだ受付の時間ではないようです。仕方なくホテルに引き返し、朝食後にまた来ることにしました。パルケ・セントラルに戻りがてらグランマ紙を売ってるオジちゃんがいたので1cucで購入すると Trabajadores(労働者)紙と雑誌のボエミアもつけてくれました。

その後、パルケ・セントラルに戻り待ち合わせしていたSさんとホテルのレストランで朝食をいただきました。キューバに来られてこれほどの恵まれた食事はなかったと驚かれていました。Sさんは既にキューバへ来られて1ヶ月が経つのですが、現地での暮らしのことなど興味深いお話を聞かせて頂きました!Sさんとは歴史認識などの点で共感するところがあるので、食事をキューバで共にすることにしましたが、本当にお会いできて良かったです。

朝食後、葉巻工場の見学ツアーを申し込むために再びサラトガへ向かいましたが、天気が一変し、どしゃぶりの雨が降ってきました。本当に気まぐれが激しいお天道さまです。雨にぬれると台無しになるのでグアジャベラを脱いでリュックに入れ、サラトガでチケットを購入後、カピトリオ裏にあるパルタガス葉巻工場へ猛ダッシュで向かいました。

パルタガス葉巻工場、実はこのカピトリオの裏のは旧工場で新工場は新市街の方面だったのですが....まずはお土産として頼まれていたモンテクリスト・デ・アニェハードスという葉巻を購入しました。値段は335cucで購入後、VIPルームを見せて頂くことにしました。
504DSC06094.jpg
ヘミングウェイとチャーチルの間にいる方は誰だか分かりませんが、カストロさんやゲバラの写真が掲載されていました。しかし皆さん葉巻の愛好家ということは分かりますが、チャーチルとゲバラやカストロさんの写真が並んでいるのは面白い光景です。彼らが同席したらどの様な会話が繰り広げられるか興味深いですね。
504DSC06091.jpg
チャーチル卿はキューバ独立戦争時をスペイン側から観戦していたそうですが、そのときにキューバの葉巻の愛好家になったそうです。たしか、吉田茂もキューバの葉巻の愛好家だったかな。NHKドラマではフィリピンの葉巻を進めるマッカーサーに対し、俺はキューバのしか吸わないって言ってましたね。
504DSC06105.jpg
さて葉巻を購入する用事も済んだことだしそろそろ行くかな。旧工場を案内して頂き、お礼を言って外に停まっていたココタクシーで新工場へ向かいました。道中でここが中華街だよと案内されたので、流し撮りしました。時間があれば観に行っても良かったのですが、わざわざキューバで中華街を見物する必要もないかと思い、寄り道せずそのまま素通りしてもらうことに。
504DSC06111.jpg
新パルタガス工場に到着後、チケットを渡しツアーが始まるまで他の観光客と共に待つことに。スペイン語ツアーは出発したばかりで、英語ツアーに参加することにしました。しかし一向に始まる気配がありません....共にツアーを待っていたオランダ人の方と、これがキューバのペースだねと笑っていたのですが、15分か20分は待ったでしょうか、まだツアーが始まらず、スタッフにいつ始まるか聞いても分からないと応えるので、時間が限られた僕はツアーを諦めることにしました。

まさに時は金なり...です。葉巻を製造されている工程を見学できなかったのは残念でしたが、それほど強く関心があるわけでもないので、外に停まってたタクシーを捕まえ革命広場まで乗せてもらうことにしました。

aaDSC06123.jpg
広場に到着すると再び天気が回復してきました!ほんとうに今日の天気は不安定だな...パルタガスでは無駄に時間を過ごしてしまったけど雨宿りしてたと思えばそれはそれで良いかな、と考えると次第に気分も天気同様に晴れてきました。

今回はいろいろ詰め込み過ぎましたが、次回はペースを戻してホセ・マルティ・メモリアルと革命広場に絞って旅行記を書こうと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/586-8f10a2b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。