チリサン・ホセ鉱山の地下深くに閉じ込められた33人の鉱山労働者たちは今日、無事救出された。
NHKの7時のニュースで33人が救出されたのを時系列に、図まで用いて丁寧に解説されていた。
33.png

今回のコピアポ鉱山落盤事故で僕たちは事件の本質を見失ってはいないだろうか?と思わされる。チリ独立200周年と重なり、この救出劇でチリの国民が一致団結して救出を応援しナショナリズムが高まる様を、僕たちはTVやネット、新聞を通じて眺めているが、これはそもそも落盤事故という悲劇なのだ。お祭り騒ぎで果たして終わっていいのだろうか。

チリ鉱山労働者の悲劇は今に始まったことではない。僕が始めてチリ鉱山労働者の過酷な労働環境を知ったきっかけはエルネスト・ゲバラが書いたモーター・サイクルダイアリーズ(Diarios de motocicleta)だった。
ゲバラは南米縦断をした時、チリのチュキカマタ銅山を訪れ、労働者が極度の貧困状態で働かされている光景を見てショックを受ける。労働者が搾取されている姿を目の当たりにしたゲバラは2人の共産主義労働者と知り合いになっている。

ゲバラは南米旅行でラテンアメリカを帝国主義からの搾取から護る意志を固め、2度目の旅行でカストロさんと知り合いキューバ革命に参加したのだった。

今日のCubaDebateにネルーダの詩が掲載されていた。彼もまた南米ではチェ・ゲバラと同様に、左派のヒーローの一人だ。
Neruda y los mineros chilenos
ネルーダは1947年に上院で、国営の鉱山の労働者が極度の貧困で苦しんでいる様を訴え演説している。
同じチリ人の同胞が搾取に喘ぎ苦しんでいることに対し、憤りの念を彼は詩で表現している。
El Maestro Huerta (De la mina “La Despreciada”, Antofagasta)*
Cuando vaya usted al Norte, señor,
vaya a la mina “La Despreciada”,
y pregunte por el maestro Huerta.
Desde lejos no verá nada,
sino los grises arenales.
Luego, verá las estructuras,
el andarivel, los desmontes.
Las fatigas, los sufrimientos
no se ven, están bajo tierra
moviéndose, rompiendo seres,
o bien descansan, extendidos,
transformándose, silenciosos.
Era “picano” el maestro Huerta.
Medía 1.95 m.
Los picanos son los que rompen
el terreno hacia el desnivel,
cuando la veta se rebaja.
500 metros abajo,
con el agua hasta la cintura,
el picano pica que pica.
No sale del infierno sino
cada cuarenta y ocho horas,
hasta que las perforadoras
en la roca, en la oscuridad,
en el barro, dejan la pulpa
por donde camina la mina.
El maestro Huerta, gran picano,
parecía que llenaba el pique
con sus espaldas. Entraba
cantando como un capitán.
Salía agrietado, amarillo,
corcovado, reseco, y sus ojos
miraban como los de un muerto.
Después se arrastró por la mina.
Ya no pudo bajar al pique.
El antimonio le comió las tripas.
Enflaqueció, que daba miedo,
pero no podía andar.
Las piernas las tenía picadas
como por puntas, y como era
tan alto, parecía
como un fantasma hambriento
pidiendo sin pedir, usted sabe.
No tenía treinta años cumplidos.
Pregunto dónde está enterrado.
Nadie se lo podrá decir,
porque la arena y el viento derriban
y entierran las cruces, más tarde.
Es arriba, en “La Despreciada”,
donde trabajó el maestro Huerta.


サイレンが鳴り響くごとに労働者が救出される。
彼らは光を遮るために遮光のサングラスをかけているが、そのサングラスは彼らの素直な感情をも遮ってはいないだろうか?勿論救出されたことに対する感謝の念、歓喜などの感情も大きいだろう。しかし同時に自分たちを地下深くに長い間閉じ込めた落盤事故に対する憤りの感情も同じぐらい込み上げてきているのではないだろうか?
僕が鉱山労働者の立場ならこのような事態には我慢ならない。恐らく怒りの感情の方が勝ると思う。

映画化も決まったことは前の記事で紹介したが僕はこの救出劇を素直に受け止めることが出来ない。(チリ独立200周年を迎えて、地下でも33名が国家を斉唱Himno Nacional interpretado por los 33 mineros
でもCubaDebate(もともとはLa pupila insomneの記事)ネルーダの詩を掲載していることが意図するところは、僕の思っていることと通じているしているところがあったので紹介してみた。
この救出劇が独立記念200周年と重なり、無事救出できたことはチリのナショナリズムを高揚させ、先頭に立って見守ったチリの大統領ピニュエラさんの支持を高める結果になったが、この事件は単にハッピーエンドで終わらせて欲しくはない。

いろいろひねくれた見方はしてしまったが、ともあれ救出できたことはアッパレなので
ともはあれVia Chileっすねw

今回のチリの落盤事故の背景やアジェンデが倒れた後の、ピノチェトのことやピニュエラについて詳しく解説されていたので紹介します
「心折れてもおかしくなかった」・・・チリ・サンホセ鉱山・奇跡の全員生還
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/62-749268d5