上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの世とこの世の挟間という空間というもには何か惹きつけられるものがあります。先の観音様の記事で触れました六道珍皇寺には六道の辻がありますが、宇治もまたこの世とあの世を隔てる空間がという。現在NHK国際放送のオンデマンドで視聴かな能なCore KyotoのUji: The Aristocrats' Playground Where Fleeting Dreams Lingerで、平等院の神居 文彰住職に話を聴いて初めて知りました。

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/corekyoto/20150903.html

Posted by How to explain Japanese culture in English and Español on 2015年9月13日

平安時代に絶大な影響力を持っていた藤原道長の息子、頼道によって建てられた平等院。西方極楽浄土をこの世に出現させた鳳凰堂は文字通り浄土の世界を感じさせられる。番組では神居住職が次のように宇治の語源について語られていました。
「この地、宇治と言います。この語源、宇治は内と外という意味があります。いってみればボーダー、境界です。何の境界かというと、私の命の今生きているこの時間とその後の向こう側の世界、その境界が宇治の中をはしる宇治川であり、まさに平等院、宇治川をはさんでちょうど西側、そこに素晴らしい阿弥陀仏陀の世界があると信じた。ですから宇治川の向こう側、また違った世界が広がっていく。」

実に興味深いお話です。宇治は京都の中でもぼくのお気に入りの場所の一つで、何度か瀬田川を下るルートで行っていますがまた訪れたくなりました。外国人を宇治に案内したことや紹介したことはありませんが、京都を長期滞在される方には薦めてみたいですね。

本日、9月9日より宇治川の鵜飼は増水の為中止となりました。再開の際、またご案内いたします。昨年産まれた「うみうのウッティー」も今日は、のんびりお休みです。

Posted by 宇治茶と源氏物語のまち 宇治市(社団法人宇治市観光協会) on 2015年9月8日

番組内で紹介されていたウッティー。収録時はまだ練習したはりましたが、いよいよレビューされたそうです。由緒ある寺院、仏閣などに恵まれた京都ですが外国の方は様々な体験をされたい方が多いと思うので、鵜飼はそういう意味では貴重ですね。天候次第で中止になるのが難点でしょうか。ぼく自身まだ鵜飼を体験したことがないのでいつか、平安貴族のようにあの世とこの世の境界の川で船に揺られながら、ウッティー君が魚を捕まえはるところを観たいものです。

DSC08399a.jpg
去年の9月に撮影した鳳凰堂。

追記
上記のCore KyotoのUji: The Aristocrats' Playground Where Fleeting Dreams Lingerの冒頭箇所をディクテーションしてみたら、勉強になりました。通訳案内士の勉強会の方から聞き取れなかった単語”patrician(貴族、上流階級)”を教えて頂いたり、ディクテーションの勉強法もアドバイスしていただきました。
Uji is located in the south east of the Kyoto prefecture. The Uji river flows north south through its center
Some 1000 years ago, this unsual activity inflow aristacrats from capital of Heiankyo, Kyoto today.
Besides the Uji bridge, stands statue of Murasaki Shikibu who wrote the tale of Genji in the 11 centuries
Uji is closing setting for epic which revolves around the thickness of Heian aristcracity.
The Uji river divides two worlds, the patricians built the country's residences along the banks so they could relax away from the pressure at the capital.
NHK Worldは映像付きなので分からない単語があっても内容が理解できるのですが、いざディクテーションしてみると、結構難しい単語使っているのに気づかされます。聞き取れないところに集中しつつ、分かるまで何度も聴くのは良いトレーニングになりそうです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/620-7beca396
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。