上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコニコ動画は去年ぐらいから観てますが、最初は正直「何がニコニコだよ」って思って見向きもしなかった。
ただ観たい動画があって仕方なく会員になったのだが、利用してみてなかなか面白いなぁって感じさせられたのを覚えている。
youtubeなどと違い、会員にならなければならないのは面倒だが、動画再生中にまるでチャットルームのようにコメントが表示される。なんだこれは?wと最初は違和感を感じたが、中々優れた動画システムだと今では感心している。

そんなニコニコ動画もプレミアムが100万人以上。詳しいことは以下のブログの方が書かれています。

ニワンゴが運営する動画共有・配信サイトのニコニコ動画は、2010年10月13日に、有料制のプレミアム会員数が100万人を突破したことを明らかにした。プレミアム会員は月525円(税込)を支払うことで、アクセス集中時の優先視聴など無料利用時にはないプラスアルファのサービスを受けられる。ニコニコ動画では今回発表した100万人は延べ人数ではなく、現在入会中の数としている。このためニコニコ動画は会員収入から月に5億円以上、年..
ニコニコ動画プレミアム会員100万人突破 サービス開始3年5ヶ月で



このニコニコ動画は名称は幼稚だが、将来性があることが上の解説からもよく分かる。
ビジネスとしても成功しているが、同時に僕は純粋にメディア媒体としても成功していくような気がしてならない。今はアニメやMAD動画など幼稚な動画が多いが、政治など硬い話題も扱っている。
こないだは自民の保守派の少し危ない臭いがする議員をブログを通じて紹介したが、政治だけに右や左のコメントが議論を戦わせているのが面白い。
菅総理が国連で記者会見したのもこのブログで紹介したが、日本国民の怒りや憤りがコメントと化してすごい勢いで動画ないで再生されている。

このニコニコ動画は後に政治において、選挙活動のツールになったり、先々にナショナリズムが高揚したりすればプロパガンダのツールにも使われたりするだろう。家にいながらどこかの集会に参加しているような体験というか錯覚が感じさせられるからだ。

尖閣諸島の騒動で、最近は上のような物騒な動画も投稿されている。


僕はプレミアム会員ではないが、今後もある程度までは増えていくことが予想できる。日本だけでなく世界中の言語が動画内で飛び交う日も目前に迫っているのかもしれない。僕自身、いくつかニコ動に動画を投稿しているし、その動画に対するコメントを観ているのもなかなか面白い。今後のニコニコ動画の技術進歩が楽しみだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/63-e4da72ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。