上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のクローズアップ現代で電子書籍につきて取り上げられていた。
電子媒体で本を読むなんて攻殻とかSFだけの世界かと思っていたが、近い将来電子媒体があたりまえの社会になりそうだ。ただ電子媒体にもメリットがあればデメリットもある。紙が書き換え不可能なのに対し、電子媒体は書き換えが容易で信頼性に劣る。しかしデーターベース化や共有という観点からは紙媒体では出来ないことが出来る媒体だ。


最近出版界ではベストセラーが相次いで生まれる一方で、価値が認められずに絶版になり廃棄されたりする本がある。
正直最近のベストセラーにはあまりひきつけられるものがない。僕は書店で並ぶ本より図書館の書庫から本を選んで読んでいるような人間なので、この電子媒体には結構お世話になるかもしれない。
電子媒体の書籍を図書館の本みたいに借りれたらなぁ。。って思うが、そんなことしたらみんな本を買わなくなるっすねw
アメリカの科学者は5年で紙媒体が消えるとか言ってますがそれは言いすぎだと思う。
「紙の本」は5年以内に消える? 米科学者が見通し示す
でもそのうち紙媒体で本を読むのが贅沢な時代が来るのかもしれない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/64-cd5934a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。