早朝、サンティアゴ・デ・クーバの冬空に鳴り響く弔砲と葬送ラッパ。
先月25日に逝去されたカストロさんの御遺灰が、国に殉じた他の同志が眠るサンタ・イフィヘニア墓地に納められ、墓石の前で葬儀が執り行われました。カストロさんが切に願われていたのは、これまでキューバ国民が築き上げて来た革命の功績が次世代へ確かに受け継がれていくこと。2000年のメーデーでホセ・マルティのモニュメントの前で演説された革命の綱領は、キューバ革命の核としてモニュメントに記されました。

「革命とは歴史的な瞬間の認識を持つことである。変革すべき、あらゆるものの変革。完全な平等と自由。各々が互いにヒトとして尊重すること。私たち自身の手で自由を実現すること。国家や社会を牛耳る国内外の強権に立ち向かうこと。あらゆる犠牲を払ってでも護るに値すると信じられるもの。慎み深さ、無私無欲、利他主義、連帯、英雄的精神。勇気と、知性、リアリズムをもって闘うこと。決して道義を破り欺かないこと。真実と思想を打ち破り得る力は世界中に存在しないと確信すること。」
「革命とは団結であり、独立であり、公正なキューバや世界を志向する理想のために闘うことである。それはわが国の愛国心や、社会主義、国際主義の礎である。」

キューバでは革命の綱領がポスターに箇条書き形式で印字されていますが、いずれもキューバ革命の歴史がそれを裏付け、何よりご自身が体現されて来られたカストロさん。いま改めて演説の動画を観ていると特に「決して道義を破り欺かないこと」が強調されているように感じられました。カストロさんは様々な観点から評価されていますが、私が特筆に値するものをあえてひとつ挙げるとすれば「義を貫かれた」こと。国民に優しいカストロさんですが、ヒトの道に反する行為に対しては厳しく当たられました。カストロさんは演説などで、モラル(道義)について何度も述べられて来られました。超大国の覇権と対峙しながらも、これまでキューバが革命政権を存続できたのは、キューバが国内外に示してきたモラルが国民や国際社会から支持されて来たことによるところが大きいことに違いありません。

喪服期間中、在日キューバ大使館には、外相をはじめ、わが国の政権幹部、一部の例外を除く各政党の代表が弔意を示すために訪問しました。民から長年愛され、支持されて来られたカストロさんに対する畏敬の念はどの政治家も持っているのでしょう。著名人だけでなく多くの一般人も大使館を訪れ弔問記帳をされました。


私も先週、大使館にカストロさんへの感謝の気持ちを込めて、メセージと共にユリの花を贈りました。モラルを大切にする国、キューバに興味を持ったきかっけはカストロさんの演説を聴いたときのこと。行き過ぎた個人主義がはびこる今日において、人として生きる上で最も大切なことを教えて頂きました。 私は社会主義に傾倒しているわけではありませんが、カストロさんが示して来られた道義に適うような人生を送れればと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/644-be0555e9