きょうはゲバラの生誕日。もし生きていれば89歳です。今年は没後50周年で日本とキューバの合作映画が公開予定ということもあってか、最近ゲバラに対する関心が高まっているのではないかと感じています。忙しくてなかなか最近は書いたり訳したり出来ていませんが、昨夜、私が一番好きなドキュメンタリーChe un hombre nuevoを観ていました。下記はその予告動画ですが、ゲバラの貴重な記録映像を楽しめます。

Las particularidades de nuestra estructura étnica, social y cultural se trasplantan a nuestra forma de hacer y de construir la nueva sociedad.
「われわれの民族性、社会や文化が、独自の手法で導入され、新しい社会が建設される。」



最初のインタビューはリサ・ハワード氏によるもの。

いままではこのドキュメンタリーで一部しか観ることが出来ませんでしたが、今年になってその大部分が公開されました。先日FBページでも宣伝しましたが、下北沢のレストラン ボデギータでキューバ倶楽部様によるイベントがきょうの19:30 - 22:15に開催されますが、このインタビューを題材にトークが行われるそうです。私も是非行ってみたいのですが、残念ながら遠方と仕事の兼ね合いで今回は断念。


次の演説はウルグアイのプンタ・デル・エステで開催された、米州機構の会議で、ケネディが提唱した対キューバ構想の「進歩のための同盟」に対して行われたもの。以前、FBなどにも掲載しましたが、動画はユネスコ世界記憶遺産のページから閲覧可能です。

No podemos dejar de exportar ejemplo, como quieren los Estados Unidos, porque el ejemplo es algo espiritual que traspasa fronteras.


2016.02.21 国境を超えて報道されたゲバラの映像~NHK新・映像の世紀~


最後の朗読は「キューバにおける社会主義と人民」よりの引用。

Nuestros revolucionarios de vanguardia tienen que idealizar ese amor a los pueblos, a las causas más sagradas y hacerlo único, indivisible.
人民の先頭に立つわれわれ革命家(前衛)は、人民に対する愛、大義に対する愛を理想化し、それを唯一、不可分のものにしなければならない。



ヒトを導く立場である者は、としに冷徹な判断も迫られる。革命家でありながらゲバラが今日においても愛され続けているのは、彼の感受性、人間味豊かな点にあるのではないか思います。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/645-a4652f73