上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 きょう7月26日は53年にカストロさんら有志が祖国の為に決起した革命記念日。カリブでもっとも大きな祭りであるサンティアゴ・デ・クーバのカーニバルの喧噪に乗じて、カストロさんらはモンカダ兵営を襲撃したのですが、もともと26日はキューバのお祭りの日だったんですね。

 祭りと言えば、今月の祇園祭の宵々山の日、キューバの友人が急遽、京都へ家族とともにやって来たので清水寺や祇園を案内して一緒に楽しんでいました。興味深かったのは、祇園祭の人混みに圧倒された友人の感想。「まるでハバナのメーデー行進のようだ」と。なるほど。。その発想はなかったけど一理あるなと思わず笑ってしまいました。私はハバナのメーデーを経験したことはないのですが、今年行かれたキューバ倶楽部の斉藤 真紀子さんはそのお祭りムードについて記されています。

お祭りムードあふれるキューバのメーデーに参加しました! キューバ倶楽部

naginata.png
 
 歩行者天国となった長刀鉾付近の四条通。京都の蒸し暑さと人混みとが重なって、すさまじい熱気が漂っていましたが、日本で一番有名なお祭りを観れてキューバの友人も満足していました。お祭り気分を楽しむことも大事ですが、やはり祇園祭りの本義は疫病・災厄の除去にあるように、キューバのメーデーも労働者の国際的な団結を示すことにあって、サンティアゴのカーニバルもカトリックの宗教的な意味合いが含まれているのかもしれませんね。

サンティアゴのカーニバル


7月26日の革命記念日前後の25日と27日も祝日。映画「キューバの恋人」ではキューバ人がお祭り気分で7月26日の革命式典に向かう様子が映し出されていました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/647-d34b4c67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。