今年はゲバラ没後50周年という節目を迎え、サンタ・クララのゲバラ霊廟のモニュメントが修復されました。ここではよくゲバラの銅像の写真が紹介されますが、見過ごされているのが銅像の周りにある石碑に刻まれたゲバラの言葉。既に当ページではその原文を訳したものを紹介していますが、今回は今年公開の日本・キューバ合作映画「エルネスト」の主人公フレディ・マエムラの生涯とも絡めて、そのゲバラの言葉を解説していきます。

今回紹介するのはゲバラがキューバの医学生を相手に行った演説文で、そのゲバラの肉声も聴くことが出来ます。写真は私が訪問した際に、たまたま出会ったキューバの医学生。ハバナとサンタ・クララの間にあるマタンサスから生涯学習のために引率の先生と来られていました。ゲバラも革命家である前は人々を救う医師を志していたので、やはり憧れるとのこと。引率の先生の提案でゲバラの銅像の前で記念撮影しようかと話になったのですが、私はもっと相応しい場所がありますよと別の場所へ誘ってみました。そこは霊廟の隅の石碑前で、そこまで首をかしげながらついていってくれた彼らも、碑文を見るなり納得。下記はその碑文の原文と訳。

DSC08006a.jpg

“-Estaba, en aquellos momentos, en Guatemala, la Guatemala de Arbenz-
(...)
Entonces, me di cuenta de una cosa fundamental: para ser médico revolucionario o para ser revolucionario, lo primero que hay que tener es revolución.”
「当時、私はアルベンス政権のグアテマラにいた。(…)そのとき、私は根本的なことに気づいた。革新的な医師になるにせよ、革命家になるにせよ、第一になさなければならないことは、革命であるということだ。」


Fuente: Discurso en el acto de inauguración del curso de adoctrinamiento organizado por el Ministerio de Salud Pública el 20 de agosto de 1960



碑文の対応箇所は動画の2:10から一部の省略を挟んで、3:50あたりまで。

碑文の前後文は上掲載の演説字幕動画で確認出来ますが、ゲバラがどのような経緯でキューバ革命に参加するようになったかがよく分かります。映画モーターサイクル・ダイアリーズでも描かれているようにゲバラは南米学生旅行を通して、貧しい人たちを救う医師になる志を固めましたが、個人としての活動を通して悲惨なラテンアメリカの現状を変えようとしていました。しかしグアテマラで革命が合衆国が後押しする軍人アルマスによって潰されたのを目の当たりにしたゲバラは、一個人として出来ることの限界を感じます。上掲載のゲバラの肉声は医学生へ向け次のように語っています。

“De nada sirve el esfuerzo aislado, el esfuerzo individual, la pureza de ideales, el afán de sacrificar toda una vida al más noble de los ideales, si ese esfuerzo se hace solo, solitario en algún rincón de América, luchando contra los gobiernos adversos y las condiciones sociales que no permiten avanzar.”
「一人っきりでの努力は、全く役に立たない。一個人の努力や信条の純潔さ、生涯を最も高潔な理想に捧げようとする熱意やこれらの努力も、アメリカ大陸の片隅で一人で注がれるなら、敵対する政府や進歩を許さない社会精力を相手に闘ったところで、なんの役にも立たないのだ。」


グアテマラで辛い経験をしたゲバラでしたが、後にカストロさんら7月26日運動の隊員との出会い、キューバ革命への参加という生涯における一大事を決断しました。つまりゲバラがメスを捨て銃を取る決断を促したのは、合衆国の利権を脅かした国がいとも簡単に武力によって倒されたグアテマラで感じた憤りだったといえるでしょう。

それでは、映画「エルネスト」の主人公フレディ・マエムラは何がきっかけで、ゲバラとのボリビアでのゲリラ活動に参加するほどキューバ革命に関わるようになったのか?フレディもゲバラ同様に、もともとは医学生でしたが、彼がキューバへ留学生として来たのは上掲載の演説の翌年、キューバ危機が起る直前のことでした。このキューバの国難に居合わせたフレディは、ボリビア人にもかかわらず対空機銃の操作という重要な任務を任されます。これが彼の生涯にとって一つの大きな転機となりますが、キューバ危機の時のことは、別の碑文の解説でも触れることにします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/648-60985594