ムバラク大統領の辞任は何を意味するのだろうか?

長年続いた独裁政権は民衆によって倒され、エジプトの国旗が歓喜の高揚の中、掲げられた。
egyptian-anti-government-007.jpg
武力で国民を縛り続けることは出来ない。
アメリカに見限られ、ムバラク大統領の辞任も時間の問題だったのだろう。
オバマ大統領が演説で述べているように、人民が独裁者を倒した歴史的瞬間なのだろうが、アメリカはこの結末をおそらく冷静に予測していたのだろう。
僕は中東情勢はさっぱりだが、要はアメリカにとってムバラクは用無しということなのだろう。
中東での自国の国益、イスラエルとの関係を天秤にかけ、アメリカはこれまで独裁者を黙認し、エジプト国民の人権は蹂躙されて来た。

独裁者の辞任に歓喜する人たち。僕らは遠い国からネットごしに、アルジャジーラのウェブサイトではライブで歓喜の声を上げる市民の様子を観るわけで、ある意味事態を冷静に見つめることが出来る。
アメリカが後継者に任命したスレイマンも辞任したわけだが、これも一種の演出なのかもしれない。最終的に権力の座に残ったのは軍部だが、この騒動を南米にありがちなクーデターと位置づけることも出来ないだろう。
中東のことについてよく分からない僕に解せないのは、ムスリム同胞団は大統領候補を出さない点だ。アラブ半島のエジプトでイスラム勢力を無視した政権もあり得ないだろうから、今後どのようになるのか。。。どうやら不安定な情勢が続きそうだ


"The people of Egypt have spoken, their voices have been heard and Egypt will never be the same,"
エジプトの人々の声が聞き入れられた。エジプトは完全に変わったのだ。

と冒頭で述べるオバマ大統領。
少々ひねくれた見解だが、実際のところは、新政権がイスラエルとの平和条約を承認することと、、親米協調路線を継続することを求めているのが本音だろう。

it was "not the end of Egypt's transition, it's the beginning."
まだ変化は終わっていない、むしろ始まりである

エジプトの国民が自らの力で、今後の困難に立ち向かい、彼ら自身の本当の勝利を勝ち取ってもらいたい。古代文明を築き上げた彼らエジプト人なら可能だろうと思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/94-cc024ca3