Reflexiones de Fidelで22日、カストロさんが書いた記事が時事通信で取り上げられた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011022300122

米国のリビア占領近い」=カストロ氏が論評
 【サンパウロ時事】キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長は21日、騒乱が続くリビア情勢に関連し、同国の豊富な石油や天然ガスの埋蔵量に触れ、「米国は北大西洋条約機構(NATO)に命じ、数日中にリビアを占領することをためらわないだろう」とする論文を政府系サイトに寄稿した。同サイトが22日伝えた。
 リビアでは政府・治安部隊による反体制デモ隊に対する「虐殺」が伝えられているが、カストロ氏は「世界中にありとあらゆるニュースがあふれ、真実とうそを見極めるには時間が必要だ」と指摘。かつて反米で共闘した最高指導者カダフィ大佐が「責任を放棄して逃亡するとは思えない」と述べた。(2011/02/23-07:20)



中東情勢の転機か?ムバラク大統領の辞任Mubarak Steps Down
の記事を書いてからまだ一ヶ月も経ってないが中東情勢はとんでもない事になってますね。
チュニジアとエジプトに挟またリビア。オセロ風に考えれば、リビアも転覆するのかな。。。。
カダフィ大佐カストロさんと同じ反米の革命家。

El plan de la OTAN es ocupar Libia
22 FEBRERO 2011
Se podrá estar o no de acuerdo con el Gaddafi. El mundo ha sido invadido con todo tipo de noticias, empleando especialmente los medios masivos de información. Habrá que esperar el tiempo necesario para conocer con rigor cuánto hay de verdad o mentira, o una mezcla de hechos de todo tipo que, en medio del caos, se produjeron en Libia.
様々な情報が飛び交う中、私たちはリビアで起こっていることに対し、真実と出鱈目を見極めないといけない。カストロさんが言われることはもっともだが、NHKとかで今日もクローズアップ現代で取り上げられたカダフィ大佐の言動を見ている限りでは彼は悪者だなぁって思わされる。
Lo que para mí es absolutamente evidente es que al Gobierno de Estados Unidos no le preocupa en absoluto la paz en Libia, y no vacilará en dar a la OTAN la orden de invadir ese rico país, tal vez en cuestión de horas o muy breves días.
はっきりと言えることは、アメリカ政府がリビアの平和を脅かすということだ。NATOはアメリカの命令で数日中に占領するだろう。。。。

この記事の中でカストロさんはリビアが資源が豊かな国であり、歴史的に戦地になってきたこと触れている。
第二次世界大戦では砂漠の狐ロンメルとモントゴメリーが闘っている。
ひとつだけ確かなのは、彼ら北アフリカの人たちは、近代から現代にかけて帝国主義諸国に虐げられているということかな。
カダフィ大佐が民衆を粛清する独裁者かどうかはよく分からないが、いずれにしてもリビアの人たちは大国の干渉を許すべきではないだろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hastasiempre.blog104.fc2.com/tb.php/97-4f85355c